趣味・手作り

2010年7月 8日 (木)

収穫

まだまだ荒れ地のままの我が家のお庭ですが、
春先からサラと少しずつ植えた野菜やお花が元気に育っています。
ずっと寒くて雨ばかりの今年の春。太陽がないと育たないものばかりだったので、どうなるかと思いましたが、ここ数週間、
イタリアらしい日差しを受けてグングンと大きくなりました。

春先にはまずラディッシュとレタスを。

Dsc_0001 Dsc_0006

これはしばらくの間楽しませてもらいました。
ラディッシュはちょっとピリ辛だったので、ピクルスにしたりもしました。
レタスはその日食卓に出す分だけの葉っぱをちぎり、
新鮮なサラダでいただきます。

テラスのプランターで育てたチェリートマトはサラのおやつがわり。
毎日幼稚園から帰る度に一つ二つもぎ取って口に入れています。

Dsc_0064_2 Dsc_0061_2 Dsc_0068_2 Dsc_0069_3

太陽の光をいっぱい浴びて育ったトマトはとって甘くてジューシー。
お菓子を食べる感覚です。

少しですが、フェンネルも出来ました。
香りがとっても強くってシャキシャキしておいしい。

Dsc_0048  Dsc_0042_2  

前の家では下に住んでいる大屋さんが本格的な畑を作っていたので、
私も一角をお借りして結構本格的に作っていたこともありました。
でも今の家では近所の人に「この辺の土地は粘土質だから何も育たないよ!」
と言われていたのですが、「まぁ、サラと楽しめたら」「サラに植物の
成長過程を見せてあげたな」「少しでも野菜が好きになってくれたら。。。」
という思いで始めたのです。
でもまぁまぁ、育ってくれました。

イチゴもプランターですが、甘いのがたくさん出来たし、
ラズベリーも少しずつ出来ています。
サラが撒いてくれたミックスのお花の種もいろいろなものが出てきました。

Dsc_0081 Dsc_0082 Dsc_0083
Dsc_0086 Dsc_0087 Dsc_0084

今はキュウリやズッキーニがお花をつけて来たので、これから楽しみです。

Dsc_0054 Dsc_0080

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

アマルフィのリモンチェッロ

Dsc_1599_2

リモンチェッロを作りました。
2年ほど前にも作ったことがあったのですが、そのときは
アルコール度がかなり強いリキュールになり大失敗。
再度挑戦しようとずっと思っていたのですが、なかなか無農薬のレモンが
見つからず、実現できずのままでいました。

先月、じいじ、ばあばが日本から来るときに一緒にナポリ・アマルフィに
行くことになり、この旅行が決まったときに真っ先に思いついたのが
リモンチェッロのこと。
アマルフィに行ったら絶対においしい無農薬のレモンを買ってきて
リモンチェッロを作ろうと心に決めていました。

アマルフィの海岸線の断崖絶壁の段々畑には
大きな実をつけたレモンがたくさんなっていました。
これがアマルフィのレモン。

Dsc_1614_2

普通のレモンの3倍くらいあるんじゃないかしら。
地元の人は普段の食卓にこのレモンをふんだんに使うそうです。
皮ごと切って、砂糖、または塩をつけて食べたり(これはやっていませんが、
日本の漬物の感覚かしら?)、皮を摩り下ろしてサラダやパスタに入れたり、
リコッタチーズに混ぜて食べるそうです。
早速家に帰ってレモンの皮を摩り下ろし、サラダに入れてみました。
とってもさわやかな風味で、いつものサラダがすごくおしゃれになった感じ。
夏にはピッタリです。でももちろん、無農薬のレモンじゃないと出来ませんね。

さて、早速リモンチェッロ作り。
皮を薄く削いで95度のアルコールにつけます。

Dsc_1622_2

今回はアマルフィ風のリモンチェッロのレシピを参考にしました。
皮をとった後のレモンは傷みやすいので、輪切りにしてはちみつ漬けに。

Dsc_1617_2

実がとってもジューシーで、つけるそばからレモンジュースが蜂蜜に流れ出て、
時間をおく必要が全くなくすぐにおいしいレモネードが出来ました。
夏は冷たい水で、涼しいときはホットで、最高のビタミンC補給です。

こちらは一緒に買ったレモンとチェドロの掛け合わせ。(名前忘れました。。)

Dsc_1606_2

八百屋のおじさんは皮ごと切って食べてごらん、と言っていたけれど、
皮がすごーく厚くそのまま食べるのにはちょっと躊躇したので
マーマレードにしました。
マーマレードもずっと作りたいと思っていたけれど、こちらもなかなか
無農薬の柑橘類が手に入らず出来なかったので、やっと実現。
おいしく出来ました。
いつかシチリア産のブラッドオレンジの無農薬のものが手に入ったら
また作りたいなと思っています。

アルコールにレモンの皮をつけて2週間経ったら皮を取り除き、
水と砂糖で作ったシロップを加えます。(本当は白砂糖は使いたくない
のだけれど、これは仕方ない。子供が口にしないので良しとしましょう)
これから最低2か月は冷暗所で寝かせなければならないのですが、
ちょっと味見してみました。

Dsc_0140

きれいなレモン色が出ています。甘さもちょうど良く、
レモンの沢かな風味がして、今回はうまくいくかも。
キンキンに冷やして、夏の食後のお楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

カーニバル

また今年もこの季節がやってきました。頭痛ーい。
はい、カーニバルです。

今年はなにになりたいの?という質問にサラ「ミニーちゃん!」と答えました。
去年はミッキーで、今年はミニーなの?
あんまり代わり映えしなくていまいち面白みに欠ける気がするけど、
着るのはサラですからね。本人の希望に合わせましょう。
でも、私の重ーい腰(おしり!)がなかなか上がらない。
面倒くさくって、一日一日と延ばしていたのですが、気がついたら
最終週になっていました!(というか、いつから始まっていつ終わるのかも
知らなかった。。。)慌てて生地を買いに生地屋さんへ向かったのですが、
ミニーちゃんのワンピース調の大きな水玉模様の生地は売り切れ。
結局その後5件の生地屋をまわりましたが、どこも売り切れ状態。
お店の人に「なんだか今年はみんなミニーちゃんなのよ。あの生地は
あっという間に売り切れちゃったわ」と言われ大ショック!
完璧に出遅れました。。。
どうしようか考えたあげく、仕方なく去年のようにフェルト生地を買って、
白い丸をいくつも切り取り、ミシンでくっつけました。
やっぱり母は夜なべです。
生地を買ってからは猛スピード!パターン作りから仕上げまでを
一日でやりました。

Dsc_2883_2

サラは私がミシンを踏む横でジーっと見ていて、「わ〜、かわいい。ママありがとう」を連発していました。うんうん、ママ、サラのためにがんばったよ。
本人は大満足のようです。よかった〜。

Dsc_3000  

Dsc_2993  

一応シッポもついてます。

そして今日最終日のMARTEDI GRASSOは幼稚園での仮装パーティ
(と言ってもいつもの何もしない一日を仮装して過ごすだけですが。)があり、
早起きして自分で着替えて出かけて行きました。

Dsc_3016 

ミニーちゃん同じクラスに3人いました。なぜか人気。

Dsc_3026  

撮って、撮って〜!と集まって来る子供たち。みんなかわいい!

Dsc_3036

ホッ、任務完了。
来年はもう少し早く準備を始めないとね。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに初参加! ポチッとよろしく。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

クリスマスリース

毎年リースは生花などを使って作っているので、クリスマスギリギリに
なってからの制作開始です。
今年は不況の嵐に巻き込まれて大ピンチの我が家の家計。。。
にもかかわらず、ツリーを買ってしまったので(と言っても安物ですが)
リースはお金を欠けずにをモットーに作りました。

Dsc_1035  

家の庭にズルズルと這っていた何かの蔓を引っこ抜いてきてリースの土台にして
あとはお庭のローズマリーや、サラと散歩中に集めてきた草木や木の実を
絡ませて作りました。
スプレーやワイヤーも全て家にあったものを使ったので材料費ゼロ。
本当はもう少しシックな感じにしたかったのですが、
かなりカントリー調になっちゃった。
田舎の家なので、これもありでしょう。

Dsc_1082

今年は我が家でノンナやジャンニの兄弟家族も来てのパーティーをする予定なので、せめて当日くらいは生花を飾りたいなと思っています。

フィレンツェ、とーっても寒くなってきました。
今日はちょっと頭痛がするので、ホットワインでも飲んでベッドへ
潜り込みたい気分。
でも年末はなんだかんだとやることがいっぱい。
大掃除もそろそろ始めないと。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)