お仕事

2007年9月24日 (月)

VENDEMMIA

Dscf3947

今日はお客様をお連れして、キャンティ地方のワイナリーへ
ワインテイスティングのコースに行ってきました。

訪れたのはグレーベ・イン・キャンティというところにある
「CASTELLO DI VERRAZANO」というワイナリー。
この地方では有名なワイナリーで、我が家でもよくお歳暮などで
ここのワインセットをいただくことが多く、名の知れたワイナリーです。

ワイナリーに着くと、ちょうど今日から「VENDEMMIA ヴェンデンミア
といわれるぶどうの収穫が始まったとのこと。
収穫風景は見れませんでしたが、収穫してきたぶどうを摘んだトラクターが
行き来するところ、そのトラクターからぶどうが降ろされるところ
を見ることができました。
辺りはぶどうの甘くて、ちょっと発酵されたような何とも言えぬ
良い香りでいっぱいでした。

Dscf3937_2

Dscf3939_4 Dscf3941_2

約束の11時少し前に着くと、11時から始まるワイナリー見学+テイスティング
+ランチのコースに参加する人たちが既にたくさん集まっていて大にぎわい。
ほとんどアメリカ人ばかりで、なんと私たちの参加したグループは
総勢60名でした!
ワイナリー見学はガイドのジーノおじさんのとても楽しく、そして詩的な説明で
このお城のすばらしさ、ワインのすばらしさがおもしろおかしく語られました。
残念ながら英語でのガイドだったので私は100%はわからなかったのですが
ジーノおじさんが何度も言っていた「ワインは人生だ! 人生はワインだ!」
「ワインはそれだけでは何の意味も持たない。
ワインだけではおいしくないし、ワインを楽しむには
おいしい料理がなくてはならないんだ。
そしてそれらをおいしくいただくには楽しい仲間がいなくてはならない。
それらが全て揃って楽しい食事というものが成り立つんだよ。
そして楽しい食事は人生において不可欠なものなんだ!」
とういう言葉が印象的でした。
とってもロマンティックなジーノおじさん。
身振り手振りのオーバーアクションで熱く語ってくれました。

Dscf3944 
Dscf3958
Dscf3953_2 Dscf3963

ワイナー見学の後はテイスティングをしながらのお食事です。
3種類のワインが出てきて、テイスティングの仕方などの
レクチャーを受けるのですが、もう皆既にお腹がペコペコ状態で
「早く飲みたーい!早く食べたーい!」といった感じ。
テイスティングもほどほどに、皆で「SALUTE サルーテ
と乾杯をしてランチの始まりです。
出てきたのは「トスカーナのサラミ、生ハムの盛り合わせ」
「トマトソースのペンネ」「豚の丸焼き」と私にはちょっと物足りない
典型的なトスカーナのトラットリア料理でしたが
大人数でのにぎやかなランチは楽しいものでした。
アメリア人ってイタリア人以上にフレンドリーでユニークですね。

お天気にも恵まれ、すばらしい秋空のトスカーナの
ぶどう畑の風景を見ることができ、とても気持ちの良い一日でした。
もうフィレンツェに住み始めて10年以上になりますが、季節ごとに変わる
ここトスカーナの田園風景は毎年飽きることなく私を楽しませてくれます。

最近はすっかりビール派の私ですが、今夜はジーノおじさんの言葉を
思い出しながらワインでもいただいてみようかしら。

Dscf3942
Dscf3945
Dscf3949

********************************************
いつもお仕事の時はサラをノンナ(義母)に預けていくのですが
一ヶ月ほど前からシチリアへ行っていて留守のため
昨日今日でバッボにお願いすることに。
昨日は日曜日だったので良かったのですが、今日はバッボはさすがに
一日中サラを見ることはできないということで
午後からはいつも仲良くしてもらっている友人のマイちゃんにお願いしました。
ノンナ、バッボ以外の人のところに預かってもらうのはこれが初めて。
大丈夫かな、泣かないかな、とちょっと不安だったのですが
大好きなサラのボーイフレンドのケンちゃんと一緒に
ずっと仲良く遊んでいたそうです。
子供って親の前だと甘えたりわがままになったりするけれど
それができないとわかるとちゃんといい子にしているものなんだよね
と後でマイちゃんと話したのですが
本当にその通りですね。甘えられる相手がいるから甘えるのです。
こうやって親がいない時間を時々作ってあげるのも良いのかもしれませんね。
きっと今日一日でまたぐっと成長したのでは?
でも私はいつもサラにとって「甘えられる人」(甘やかしてくれる人という意味
ではなく、しっかり受け止めて安心できる人)であり続けたいなと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

お仕事

今日は私のお仕事の話。
私はここフィレンツェで日本からいらっしゃるカップルのための
挙式のコーディネートをしています。

今日はフォトツアーのみのお客様でしたが、とっても素敵なお二人で
「最近ブログを始めたのでブログ上でお二人のお話をしても良いですか?」と
聞いたら快くOKしてくださいました。

早朝、お二人のご宿泊先へヘアー&メイクさんと出向くと、とっても素敵な笑顔で迎えてくださったお二人、すごーく緊張して眠れなかったそうですが
そんな印象は全く受けませんでしたよ。
とっても楽しそうにご旅行の話、日本でこれからされる結婚式の話
などをしてくださいました。
やさしい旦那様と、とてもチャーミングな奥様
とってもお似合いのお二人です。

朝から快晴の撮影日和です。
先週ほど暑さも厳しくなく、気持ちのよい一日でした。
ご新婦は身長175cm、ご新郎は183cmとすらっと長身なお二人。
ご新婦のドレス、とっても良く似合っていらっしゃいました。
ご新郎は白のタキシードに白い帽子を被って、すごく素敵でしたよ。

フィレンツェの町中では馬車を借り、馬車で町中を廻っての撮影でした。
ヴァカンスシーズンまっただ中、町中は観光客でいっぱいでしたが
やはりお二人は注目の的で道行く人皆から「AUGURI!」
「CONGRATULATIONS」と祝福の声をかけられていました。

Dsc_0943

Dsc_0948_2

本当に幸せそうで、終始笑顔のお二人。
私も今日は幸せのお裾分けをいただき、とてもはハッピーな気分です。
こうやってカップルの笑顔を見るとき「素敵なお仕事をさせてもらってるな」
と思える幸せな瞬間です。

今日は楽しい一日をありがとうございました。
どうぞ末永くお幸せに。
またイタリアへお越しの際はぜひお声をかけてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)