おうちごはん

2009年11月19日 (木)

アリリンちゃんと

最近ちょこちょことお邪魔させてもらっているアリリン家。

先週の水曜日、ちょうどサラの幼稚園が町の守護聖人のお祭りの日で
お休みだったので、早速電話をして朝からお邪魔しました。

アリリンママとは、お互いまだ日本語学校に通わせていない娘たちの
日本語教育の為にも、週に一回は会ってお友達と日本語を話す機会を
持たせてあげよう、といつも話しているのです。
だから、チャンスのある時は幼稚園をズル休みさせても会っています。笑

もう毎度のことになっていますが、お昼ごはん担当は私!
アリリン家のキッチン、どこに何が入っているかも知りつくしている私は
我が物顔で早速ご飯の準備。笑
野菜嫌いの二人のお姫様のために、
毎回必ず野菜をたくさん使った献立にすることにしています。
いつもは喜んで食べないものでも、ライバルが目の前にいると
負けたくないと思うのか、競争して食べるので、
母チームはここぞとばかりに野菜メニューに躍起になります!

この日のメニューは「カレイの唐揚げの野菜あんかけ」と
「ほうれんそうとハムの中華風クリーム煮」、それにごはん。
最近食欲おう盛なサラ。
黙々とアッという間に完食!で、ごはんおかわり。
それを見て、アリリンちゃん焦りました!
嫌がっていたほうれん草、すごい形相でかき込みました!

Dsc_1708 Dsc_1710

今日も母チームの作戦成功!
二人ともよく食べました。

ご飯の後はおやつのクッキー作り。
二人におまかせで作ってもらいましたよ。

Dsc_1714
Dsc_1744 Dsc_1743  
Dsc_1729  Dsc_1730
Dsc_1752

「それはいったいなんの形〜?」と思うような代物も多々ありますが、
食べるのはアナタたちだからね。お好きにどうぞ〜。
生地からチョコチップを掘り出して食べているのは誰〜?

Dsc_1731

前の晩から「明日はサラちゃんと日本語話すの!」と気合が
入っていたらしいアリリンちゃん。
ついついイタリア語が出ちゃうサラに「マイナスポイント!」
と警告を出しながらの二人のしゃべり。

Dsc_1768
Dsc_1770
Dsc_1777

アリリンママと、会う度に話すのが「この二人成長が似てるのよね〜」なのです。
言葉の発達も、考えることとか行動もことごとく似ていて、笑っちゃうんです。
いっつも「あ、うちの子と同じこと言ってる〜」「うちの子も最近そうなのよ〜」ばっかり。笑
最近こんなことできる、とか反抗期の時期まで一緒で、成長過程が全く一緒。
いつ会っても「同じこと発見」がおもしろい母チームです。

Dsc_1796  

次回会った時はいったいどんな「おんなじ発見」があるのか?

また近いうちに日本語タイムしましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月28日 (金)

chihoちゃん宅にて

先日、お友達のちほちゃんのお宅へランチにおよばれしてきました。
日本からお母様が見えていて、今回もお母様の素晴らしい和食、
ごちそうになってきました。
今回はお友達のpolidoroさんshinomaiちゃん、そして先日ちほちゃんから
紹介されて知り合ったonji&kotoriご夫妻も一緒で、楽しく賑やかなランチでした。
毎回のことながらちほちゃんママのお料理はため息が出てしまう程美しく、
そして美味しく、もう大感激でした。
Dsc_0749 Dsc_0751
Dsc_0772 Dsc_0748
いつもはお友達がいると、食べることよりも遊ぶことに夢中に
なってしまって食が進まないサラですが、今回はみんなが席に着く前に
フライングで春巻きをパクパク。

Dsc_0756
そして食事が終わった後も遊びながら、ちょこちょこと戻って来ては
つまみ食い、というくらい食べ続けていました。
よほど美味しかったんでしょうね。
だって、日本でだってなかなか食べられないような、お母さんの創作料理、
もう本当にとろけそうだったんですもの。
Dsc_0770

Dsc_0768

子供たちもみんなモリモリと美味しそうに食べていました。

そしてこちらも初の(shinomaiちゃんごめんね〜)shinomaiちゃんのパン。
Dsc_0774
日本のパンですよ!!
あんぱん、メロンパン、ソーセージパン、シナモンパン、
そしてチョコレートの入ったアンパンマンパン。
もうお腹がはち切れそうでしたが、食べました。おししい!
子供たちも大喜びでした。

食後は子供たちは子供たちで2階で遊んでいたので、
大人たちはこの日も楽しくおしゃべりが弾みました。

この日一番の年長さんだったちほちゃんのところのユキちゃん、
なんとお出迎えにローラーブレードで登場!
Dsc_0747

Dsc_0752

こんな山道を!でも平気で走っちゃうワイルドなユキちゃん。
子供たちの羨望のまなざし!

そんなワイルドなユキちゃんですが、やっぱり女の子。
お姫様ごっこなども大好きなようで、まずはpolidoroさんのところの
アリリンちゃんにフリフリワンピースを着せてお化粧、
髪の毛にもピンをつけてあげたり、お次ぎはサラに浴衣を着せてあげたり、
なんてこともしていました。
Dsc_0776_2
今まで浴衣や着物は大嫌いで今回の日本帰国中も七五三のお写真、
断念せねばならなかったのに、ユキちゃんに着せてもらって
その気になっちゃったサラ。
すっかり気に入っていただいて来てしまいました。

楽しい美味しい、お山のお宅での一日でした。

ちほちゃん、お母さん、素敵な時間をありがとう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

創作パスタ

今年の夏の暑さはただ事ならぬ。
朝から雨戸も閉めっぱなしで、光をシャットアウトした家で
ジッとしているしかないです。。。
いつも食いしん坊だけが自慢の私も夏バテ気味。食欲が全くわかないんです。
これでついでに少しダイエットできればいいんですけどね。。。

食欲がない=料理をしたくない。当然ですよね。
でも家庭の主婦はそういうわけにいかない。きっと皆さん同じ境遇なのでは?
食べたくなくっても夫と娘の為に作らなくってはならない。。。
でもね、食べたくない時って考えても一向にアイデアが浮かばないんです。
なにを作って良いのやら。冷蔵庫を開けて穴があく程のぞいても
目につくのはビールばかり。。。
私一人だったらこれとちょこっと生ハムでもあれば十分なんだけど、
と思いながらため息ばっかりです。
お腹が全く空いていないのに、汗だくになりながらがんばってお料理して、
でも夫も子供も手を付けず、なんてこともうちは多々あります。
もう〜、ちゃぶ台があったらひっくり返しますよ!!笑


ずっとこの暑さでパスタは敬遠していたのですが、2、3日前、
少しだけ涼しくなった日に、たまにはパスタにしよう、と思ったのですが、
やっぱりラグーとかトマトソースとかの煮込み系は食べたくないし、
長く火を使う料理は避けたいな〜と思い、
考えに考え抜いて考案した私の創作料理をご紹介します。

ーPASTA CON ZUCCHINE E MELANZANE ALLA RICOTTA E BASILICOー
まず、縦半分にして薄切りにしたズッキーニとナスをカラッと素揚げします。
オリーブオイルとみじん切りのにんにくで
パンチェッタ(ベーコン)をカリカリに炒めます。
生トマト少しをダイスに、タップリのバジルを細切りに切っておきます。
茹で上がったパスタ(今回はFUSILLI)をタップリのリコッタチーズで和え
(ゆで汁で堅さ調整)、ズッキーニ、ナス、パンチェッタ、トマト、バジルを
合わせて、塩で調整して出来上がり。

適当に作った創作料理ですが、これが意外や意外で大成功でした。
リコッタチーズはあっさりしていて、しつこくないし、野菜もカラッと揚げた
ので重くなく、タップリのバジルとトマトの酸味がアクセントになっていて、
食欲なくても食べれました。
いつもは新しいもの×のジャンニも大絶賛。
あり合わせで思いつきで作った一品、こんなにおいしくできると思っていなかった
ので写真撮っていませんでした。。。色合いもきれいだったんだけどな。。。
自分の記録の為に、ブログにアップしておきます。

皆さんどうぞお試しあれ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

餃子パーティー第2弾

おとといの日曜日3月8日はFESTA DELLA DONNA(女の子の日)でした。
毎年この日は子供もお年寄りも年齢に関係なく、
男性からミモザの花が贈られます。
長雨続きだった今年の冬。ここ数日やっと晴れの日が多くなって気温も上昇。
日曜日も快晴でとてもよいお天気で、
あちこちで満開のミモザを見ることができました。

金曜日にはこのFESTA DELLA DONNA企画と題して、ママ友だけ6人で
夜ご飯+飲みに行ってきました!
私はサラが生まれてから初めての一人外出。
夜のフィレンツェを友達と歩くなんて、久しぶりに
学生時代に戻ったような気分でウキウキ。
実はフィレンツェに出ること自体とっても久しぶりだったのです。
もう嬉しくって、楽しくって、はじけちゃいました!笑
子供との時間は大切ですが、たまにはこうやって子供抜きで息抜きすることも
とっても大切!それは全員一致の意見だったようで(笑)
「またやろうね〜」と約束したのでした。

そして日曜日は昨年暮からずっと企画倒れになっていた
くみこさん宅
にての念願の餃子パーティー。
shinomaiちゃんpolidoroさんとおしゃべり4人組での餃子作り。
餃子作りは手間と時間がかかりますが、この行程が楽しかったりして。
一人で黙々と皮作りじゃいやになってしまうけど、
おしゃべりしながらの作業は逆にストレス解消?

Dsc_3424

外はカリッでもちもちの皮とジューシーな具!
焼きたては最高においしかったです。
サラは最近大の餃子好きで、よくせがまれるのでランチに作ってあげたり
しているのですが、今日は格別おいしかったみたい、
(みんなと一緒は違うのよね)餃子のみ、黙々と10個以上も食べていました。
子供たちも大好きな餃子。作るの大変だけど、がんばった甲斐があったよね。

そして食後のデザートはこちら!!

Dsc_3429

待望のshinomai大先生作のミルクチョコレートとベリーのムース!!
もう、とろけました。最高!
もちろん、こちらも子供たちは大喜び。

Dsc_3431 Dsc_3432
Dsc_3435 Dsc_3433

食後は保育士たち(くみこさんとpolidoroさんの旦那様)に子供たちをまかせ
(この二人、子供と遊ぶのすごーく上手で、子供たちは全くママたちのほうへ
来なかった程です。笑 次回ベビーシッター頼もうかしら。笑)
ママたちはまたおしゃべりに花を咲かせたのでした。

おいしいご飯と楽しいおしゃべりでかなりリフレッシュした週末でした。笑
身重の体でこんな楽しい一日をセッティングしてくれたくみこさんに感謝。
そして、私のおしゃべりにつき合ってくれたみんなにありがとう。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2009年2月11日 (水)

マロン・リコッタ・チーズケーキ

皆さんからの暖かい励ましのメッセージ、ありがとうございました。
未だにメソメソな私ですが、皆さんからのメーッセージにかなり癒されました。

あれからフルフルをお庭に埋葬してあげ、
やっと何となく踏ん切りが付いたような気分です。
それまでは庭のほうから首輪のチリチリと言う鈴の音が聞こえるのではと、
無意識に捜していたようなところがあったので。

以前お話ししたように、この近所でたくさんの猫が毒入りペットフードを
食べて死んでしまうという事件があったことで、実は近所の人から
「もしかしたらフルフルもそれを食べてフラフラしているところを
車にはねられてしまったのでは」と言われました。
確かに車はすごく怖がっていたところがあったので、車の音には敏感に
反応していたし、車の通るところに出て行こうとはしていなかったので。
ひどい形で可愛がっていた猫を亡くしてしまったみんなは、
遺体を解剖に出して、その結果とともに警察に通報していました。
もちろん、こういうことをするのは罰せられるべきことですし、
人間にも害を及ぼす可能性がある程の猛毒ということで、警察も多少は動いて
いるらしいのですが、やはり被害が猫なだけに捜査にも限界があるようです。
で、近所の人からフルフルも解剖に出したらどうか、毒物が検出されれば
その結果を警察に持って行けば、未だに被害があるということで
警察がもっと動いてくれるかもしれない、と勧められたのですが。。。
解剖に出すと、もう体は戻ってこないのです。
私自身は宗教もありませんし、死んだ後の体は何も残らない、残るのは残された
人の心の中だけと思っているので、どこにどう埋葬されたとか、どれだけお金を
かけたとか、そういうことは全く意味がないことだと思っています。
実際私の体のあちこちもドナーとして登録していますし、息をしなくなった体が
誰かの役に立てるのであればそれが一番良いことだと思っているのですが、
今回の件に関しては、なんだかあまりにも突然で。サラともとても仲良く
していたので、本当に家族を失ったような気持ちで、現実だと思えなかった程。
で、すごく悩んで考えて、やはり自分の手で土をかけて埋めてあげたい、
と思いました。
お庭の玄関の脇に汗だくになって穴を掘って埋めてあげて、やっと
「あぁ、本当にいなくなってしまったんだな」という実感が湧いたような。。。

サラは毎日「マンマ、フルフルどこ行っちゃったの?」と私に聞いてきて
いたのですが、先日突然「マンマ、サラね、フルフルがいなくなって寂しいけど、
でもフルフルは大きくなったから、もう赤ちゃんじゃないから、
だからお友達と行っちゃったんだよね。」と納得するように言っていました。
それからはフルフルどこ?とは聞いてきません。

そんなこんなでちょっとブルーだった私。
ずっとお天気も悪くて気分が晴れなかったので久しぶりにケーキを焼きました。

マロン・リコッタ・チーズケーキ
Dsc_3095

栗の粉とリコッタチーズを使ったチーズケーキです。
いつも思うのですが、私のお菓子って見た目がひどい。。。
写真撮っても絵にならないのばかり。でも味は抜群なんだけどな。。。
これは今後の課題です。

ほんのり栗の香りがする軽めのチーズケーキ。
すごくおいしくて、普段甘いものを食べないジャンニにも珍しく好評でした。
相変わらず、サラはべーでしたが。

早くお天気になって欲しい。。。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

和みランチ

またまた、ちょっと前の思い出ネタです。。。 汗 汗

Dsc_2674_3

仲良しのchihoちゃんてまりちゃんと久しぶりに会いました。
このメンバーで、毎回誰かのうちでランチというのがお決まりのパターン。
今回はてまりちゃん宅にて。和食の会でした。
お寝坊サラのおかげで到着が遅くなってしまった私たち。
着くと既にchihoちゃんがキッチンに立って、せっせとランチの
支度をしていました。彼女、どこへ行ってもごはん隊長。
手際良くパパッと作ってくれちゃうんです。
我が家でも何度作ってもらったことか。。。
私はあとから参入でおしゃべり隊長。笑
この日のメニューは
春巻き おいなりさん かぼちゃの煮物 切り干し大根 などなど

Dsc_2668 Dsc_2665

春巻きは私のリクエストでした。
おいしかった〜。 ものすごい勢いで食べてしまいました。
ビールに会う合う。いつもこのパターン 笑
久しぶりの友人とのおしゃべりも本当に楽しかったし、おまけに帰りには
てまりちゃんに大きな段ボール3箱分も、サラ用にに娘さんの
お下がりのお洋服をもらっちゃって、といいこと尽くめ。
お洋服、とっても重宝させてもらってま〜す。この場を借りて、ありがとう!
サラの洋服ダンスに入りきらなくって、困ったけどね〜。笑

サラもてまりちゃんの愛娘のこてまりちゃんとすっかり仲良くなって、
帰りの車のなかで「マンマ、サラこてまりちゃん大好きなの。
また一緒に遊びたい」と言っていました。
もちろん、また一緒に遊ぼうね。マンマもとっても楽しかったよ。

和みの一日でした。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

餃子パーティ

もう2週間も前の話になりますが。。。 汗!

仲良しのpolidoroさんとshinomaiちゃんがランチに遊びにきてくれました。
polidoroさんの前々からのリクエストで、ランチに餃子をすることに。
ちろん、こちらでは餃子の皮など簡単に手に入らないので、
皮からの手作り餃子です。
日本の我が家では餃子といえば、母がたねを作り、皮を私と妹の二人で、
の母娘三人の共同作業と決まっていたので、餃子の皮は何度か作ったことが
あったのですが、こちらに来てからは初めて。久しぶりのお仕事です。
我が家ではバッボが和食が苦手なので、夕食はイタリアンと決まっています。
なので、今までご飯のメニューに餃子って、全く思い浮かびませんでした。
ほとんど存在を忘れていたくらい。
これなら、バッボも食べられそうだし(お醤油をつけなければ)、サラも喜んで
食べてくれそうで、お野菜もいっぱいとれるナイス・メニューですね。

さて、この日はプロのお料理人、お菓子職人という頼もしい助っ人の
shinomaiチャンがいるので怖いものなし!
さすがはお菓子職人、粉を練るのは手慣れたもので、
おしゃべりしながらもアッという間に生地をこね上げてくれました。
餃子の皮作り初めてとは思えない腕さばきで、生地のばしもササッとこなし、
みんなでがんばって100個くらいできたかしら。

Dsc_2543

もちろん、子供達も皮作りで参加。
粘土細工で鍛えているアリリンちゃんは丸めるのが上手!

Dsc_2531

一方クッキー作りを何度か経験しているサラは粉といえば型抜き。
自分でクッキー型を出してきて餃子の皮を型抜き。ちょっと違うんだけどね〜。

Dsc_2530

餃子の皮が一段落ついたところで、shinomaiちゃんが
子供達にお菓子教室を開いてくれました。
材料までちゃんと用意してきてくれて、クッキー作りです。
二人揃ってエプロンつけて、粉をサラサラ、
生地をグチャグチャ、コネコネ。。。
お手てを粉だらけにして、でもちょっと真剣な顔つき。

Dsc_2525_2

子供のエプロン姿ってかわいいなぁ。
二人ともとっても楽しそうでした。
shinomaiちゃんの指導のもと、二人でこんなに可愛らしい
クッキーを作りました。

Dsc_2539


さてさて、焼き上がった餃子は。

Dsc_2549

カリカリの香ばしくってモチモチの皮。やっぱり手作りはおいしい!
みんなほぼ一気食い状態でした。笑
おしゃべりもビールもはずむはずむ。

みんなでお料理するってとっても楽しくって、そしてやっぱり、
みんで食べるからおいしいんですよね。

とっても幸せなランチでした。

またやりましょうね。

Dsc_2520

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

かぼちゃ

たった5日の短い旅行でしたが、家族でアドリア海側の海へ行ってきました。
そのお話はまた今度することにして、
旅行中なぜかお腹をこわしてしまったサラと私。
特に変わったものを食べた記憶はないのですが、
慣れないエアコンをつけて寝たせいかしら
(あ、もしかしたらホテルで食べたムール貝かもしれない)
で、家に帰ったら和食を作るぞ〜、と心に決めていたのです。
焼き魚、うどんに続き、今日のランチはかぼちゃ。

Dsc_2018

イタリアのかぼちゃはべちょ〜っとしていて水っぽく、
煮物なんかには全く不向きな味気のないかぼちゃが多いのですが、
唯一ZUCCA MANTOVANAというマントバ産かぼちゃは日本の栗かぼちゃ
のようにホクホクして甘みもあり日本のかぼちゃのような和食向き。
いつも手に入るわけではないのですが、やっと季節になったようで、
昨日スーパーで見つけて即ゲット。
このかぼちゃを練りごまペーストで鶏肉、ピーマン、
にんじんと一緒に炊いてみました。

Dsc_2020

コトコトと炊いている間、サラと粘度細工に夢中になってしまい、
気がついたら焦げ付く寸前!
で、かぼちゃがすっかり煮くずれてしまいましたが、お味は◎!!
去年も何度かかぼちゃ料理にチャレンジしましたが、サラには全く不評で
全然食べてくれなかったので、今日もダメかな〜、とダメ元で作ったのですが
「マンマおいし〜!」と食べてくれました!!
マンマうれし〜!!
いつも野菜を食べさせるのに一苦労なので、
こういうものを喜んでくれるとすごく嬉しい。
外に出たりすると特に野菜を食べさせるのに困ります。
だってイタリア料理のいつものメニューでサラが食べられそうに
調理してある野菜料理ってないんですもの。
で、気づくと3日も4日も「あれ、野菜らしい野菜食べていないんじゃない
かしら」ということもあり、焦って野菜たっぷりのミートソースを作ったり、
肉ちょっと野菜ほとんどのハンバーグを作ってみたり、
手を変え品を変えで騙しだまし食べさせています。
なんか躍起になって野菜を食べさせようとしてるな〜、
と自分でも笑ってしまう程。
マンマは苦労してるんです〜!!

明日は残りのかぼちゃでケーキでも作ろうかな。
これからこのかぼちゃにたくさんお世話になりそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

週末のお出かけ2

月曜の祝日はお友達家族と一緒にBORGO S.LORENZOへ
トルテッリを食べに行ってきました。
ずいぶん前からずーっと行こう行こうと言いながらお互いの折り合いがつかず
先延ばしになっていたのですが、今回やっと実現。
あいにくお天気がパッとせず、朝から小雨がぱらつくお天気だったのですが
今日を逃すとまたいつになるかわからなかったので決行。
このお友達家族のお気に入りの場所だそうで
緑の芝生がとっても気持ちのよいお庭でのランチです。

この日はお天気が今一だったせいか、私たちの他にお客さんはいなく
貸し切り状態でした。

Dsc_0908

このお庭、トルテッリで有名なGIORGIONEというレストランの持ち庭
なのですが、レストランからは離れているためレストランからテイクアウェイ
形式で食べ物を買ってきてこのお庭で自由に食べて良いというシステム。
子供連れには最適です。
ここムジェッロ地方のトルテッリは中にポテトの詰め物をした物で
ムジェッロと言えばトルテッリ、というほど有名です。
そのムジェッロ地方でも名の知れているここのレストラン。
お持ち帰り用のトルテッリでしたが、おいしかった!
Dsc_0881

私は詰め物をしたタイプのパスタは普段あまり好きではないのですが、
中のポテトのフィリングもしっかり味がついていて、ふわふわのパスタは
お母さんの手作り、といった感じでとってもおいしくいただけました。
子供達も多くなお口を開けてパクパク!

Dsc_0882 Dsc_0885

お食事の後はお庭を走り回って遊びました。

Dsc_0865 Dsc_0879

Dsc_0913 Dsc_0920_2

Dsc_0874_2

Dsc_0867

お友達のソフィアちゃんとサラ、この二人会うといっつもおもちゃの
取り合いっこをしたりなのですが結構気が合うようで
なんやかんや二人で仲良く遊んでいるんですよね。
サラは2日も前から「マンマ、明日ソフィーとご飯する?」
「マンマ、ソフィーいつ来るの?」と一日中私に聞いてきていました。
会えるのがとっても楽しみだったみたい。
今日は大好きなソフィーとも遊べるし、バッボもいっしょだし
サラにとっては最高の日だったようですよ。

Dsc_0917


夕方からはお隣のおじさん、ジーノのお誕生日パーティにご招待されました。
ジーノおじさん、60歳のバースデイ。

Dscf4423
こちらがジーノおじさん

なんと総勢70名の招待客で、結婚式?と思わせるほどの盛大なパーティ。
お料理もたくさん、DJ付きで音楽がかかりすごい盛り上がりでした。

Dsc_0925

Dscf4416

Dscf4418

私たちも新しい隣人ということで皆に紹介されましたよ。
私は人付き合いがあまり得意なほうではないので、こういう機会があって
ご近所の方とお近づきになれて良かった。
サラもお隣の7歳の女の子、アジアちゃんと仲良くなり
彼女にくっつきっぱなし。

Dscf4431_2

食事の後は音楽をガンガン鳴らし、ダンスパーティ!
じじ、ばばばっかりですが。

Dscf4438_2

Dscf4441_2
なぜかサラ、このじじばばのダンスに魅了されたようで、一人でここに
座りじーっと見つめていました。しばらくの間ここから動こうとしなかったんですよ。

夕方5時から始まって、夜中12時まで! 楽しい夕べでした。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

S. VALENTINO

今日はバレンタインデー
愛する人へ「愛のメッセージ」を贈る日ですね。
日本では女性から男性へチョコレートを贈るのが一般的ですが、
イタリアでは老若男女問わず、プレゼントも様々。
愛する人へ「愛しているよ」をを伝える日ですから。

私とサラは愛するバッボへピザを作りました。

Dsc_0523

バッボの似顔絵ピザ!
もちろんサラは大喜びでお手伝いしてくれたのですが
チーズ大好きなサラ、ちょっと考えたあと
Dsc_0529
やっぱりモッツァレラ食べちゃお!
Dsc_0531
おいしい!
Dsc_0533
もう一個!
Dsc_0541
で、つまみ食いのほうが多かったのですが。。。

焼き上がりはこちら
Dsc_0548
ちょっと太めのバッボに出来上がりました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧