育児

2011年2月10日 (木)

5歳、3ヶ月 成長記

先月サラは5歳になり、そして昨日オリヴァーは3ヶ月になりました。
早い早い。
おととい二人揃って小児科での定期検診に行ってきました。
サラは身長107センチ、体重17キロちょっと。
体重はしばらくずーっと変化がなかったのですが、最近少しだけ増えました。
でも身長は随分伸びたなぁ。今まで届かなかったところに、最近急に手が届くようになって、出来ることがグンと増えました。歯磨きもやっと自分で蛇口を開けることができるようになったし、冷蔵庫の牛乳も自分で取れるようになりました。よく「ママ〜、つま先立ちしないで取れたんだよー!」と自慢げに何かを持ってきます。
それでもクラスではおちびサンのほう。年が一番小さいので仕方ないのですが、本人はちょっと気にしているみたい。歯もまだまだ抜けそうにないし。
でも体はとっても丈夫で、今年も大流行のインフルエンザ、幼稚園では毎日クラスの半分くらいの子がお休みしていますが、サラは今のところセーフ。
もう3年くらい風邪で小児科の先生のところにお世話になったことはないので、これは先生にお褒めの言葉をいただきました。
「サラちゃん、ずっと先生のところに来てくれなかったけど、それはサラちゃんが元気っていう証拠だから、先生嬉しいよ」と言われて、サラも自慢げでした。笑

Dsc_0092  
サラ、小学校入学申し込み書用の証明写真 ププっ まじめ顔

Dsc_1054  
これはいつもの写真顔

オリヴァーのほうも、グングン育っています。
体重は生まれた時から3キロも増え、身長も12センチも伸びました。
ほっぺがパンパンになって、二重あご。この季節に首にあせもが出来ちゃってます。

Dsc_0074
2ヶ月

サラの時と比べると体重も身長も同じ位なのですが(サラもこの頃は成長がすごく早かったし、デブデブだったのです)、やっぱり男の子。骨格がしっかりしていて、ぶよぶよした感じじゃなく、がっちりしています。
2ヶ月くらいまではおっぱい以外は一日中寝ていたのですが、最近少しずつ起きている時間が長くなり、いろいろなものに興味を示し始めました。
そして相手をしてあげるとよく笑い、おしゃべりも始めました。(もちろん難語)
自分の手を眺めながら、ごにょごにょと喋ったり、手を口に入れてみたり。
誰かが話しかけるとニコーっと笑って、その人の口を見ながら喋る真似をしているみたいに、アーウー、ゴニョゴニョ、と。
自己主張はしっかりで、お腹がすいたとき、眠いとき、うんちが出た時はギャーっと大声で泣きますが、それ以外はほとんど手がかからないので楽です。
夜もちゃんと寝てくれるし、夜中の授乳も2回ほど、飲んだらすぐ寝ちゃうので私も全く苦ではないです。

Dsc_0193  
現在

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月16日 (木)

オリヴァー1ヶ月

Dsc_1003

オリーヴァーは今日で一ヶ月と一週間。
おっぱいをたくさん飲んでスクスクと育っています。
先週、一ヶ月検診で小児科の先生のところで体重と身長などを計って
もらったら、なんと体重が1.5㎏、身長が5㎝も増えていて先生もビックリ。
ほっぺがパンパンになってきました。
いまのところ、おっぱい以外はほとんど寝ているいいこちゃんです。

Dsc_0980

へその緒が今日やっと取れました。
これは先生にもちょっと時間がかかりすぎ、と言われ、
来週の月曜に小児病院の外科を予約したところでした。
取れちゃったから、行かなくても良いかなと思ったのですが、
よく見ると芯のような固いものが残っているし、デベソのようにポコッと
出ているので、一応診てもらうことにします。

Dsc_1000

それにしても、二人目っておおざっぱだな〜、とつくづく思います。
サラの時はほんの小さなことでもすごく気になって、心配になって、育児本を片っ端から読んだり、ネットで調べたり、アタフタ。。。
毎日が朝から晩まで赤ちゃんのことばかりを考えて過ごしていたような。
二人目はちょっとくらい泣いても全然気にならない。
ジャンニにも「もうちょっと丁寧に扱えよ〜」と言われちゃうくらい大雑把。
今は他にもしなければならないことがいっぱいで、ゆっくり子育てを楽しむ暇もないのです。

でも、我が子はやっぱりかわいいです。あたりまえか。
おっぱいを一生懸命コクコクと音を立てて飲む姿や、私にぎゅーっと抱きついて安心して寝ている顔を見ると、たまらないですね。

Dsc_0928

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

二人目は

先日ジャンニ、サラ、義母の野次馬を連れて、
二回目のエコー検診に行ってきました。

先生がお腹にプローブを当ててまず「性別知りたい?」と聞くので「私はできれば生まれてからのお楽しみにしたいのだけど、この外野3人はそれを知る為に来てるもんで。。。」というと、「じゃ、内緒にしとこっか。でもハッキリ見せてくれてるよ」というのでモニターを見ると。。。
じゃーん、おっきいのが思いっきり見えてました!!
男の子です!!

男ばかり4人の兄弟で育ったジャンニは、次は男の子が欲しいと思っていたので
涙を浮かべて大喜び。

妹が欲しかったサラはちょっぴり腑に落ちない様子。

本当にどっちでも良かった私は元気な姿が見れて素直に嬉しい。

で、診察室で皆で大騒ぎ。看護婦さんに注意されてしまいました。笑

私は弟も妹もいて、それぞれの良さを知っているので、全くどちらでも良かったのですが、男の子だと知ったらサラに姉妹の楽しさも味合わせてあげたいという気持ちが出て来て、もう一人欲しいななんて思ったり。欲が出て来ちゃいまいた。
ま、無理だろうな。それは。体力が持たない。。。

お腹の子は四六時中と言っていい程動き回っていて、
いつもお腹の中でボコボコと暴れています。
いったいどんな子が生まれてくるんだろう。。。
男の子を持つお友達みんなに「覚悟しな〜、女の子とは違うわよ〜」
と脅されています。笑

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

サラの日本語

アンヨが出来るようになるより先にしゃべり始めたサラ。
口から生まれたと言ってもいい程とにかくおしゃべりで、寝ているとき意外は常に口が動いている状態です。
そんなおしゃべりのおかげで、日本語に関しても早い時期からイタリア語と同じスピードで話せるようにはなったのですが、最近は一日のほとんどを幼稚園で過ごしているので必然的にイタリア語を話す機会のほうが多いわけで、ちょっと油断していたら日本語能力が停滞気味。。。
このところ気がつくと私の日本語の質問にもイタリア語で返して来ることが多くなり、「ママには日本語で話してよ〜」「SI, MAMMA 」「だから日本語って言ってるでしょ!」「AH, E' VERO」「もう、日本語で話しなさい!!ママわかんないよ!」と怒ってしまい、終いにはテーブルに突っ伏していじけちゃうなんてこともあったり。。。

で、先日夕食の時にジャンニに「サラ、最近日本語能力がかなり落ちてるのよ〜」と話していたら、それを隣で聞いていたサラ。
食事が終わるとすぐに自分の部屋に閉じこもりしばらく出てこないので、何をしているんだろうと二人で覗きに行くと、なんとしまじろうの「ひらがな発見マシーン」で一生懸命ひらがなのお勉強をしていました。
一人で部屋にこもって机に座っている姿を見てなんだかジーンと来ちゃった私。

日本語だけは、どうしてもきちんと覚えてもらいたいので、せっかくここまでスムーズに行っていたのに、急に挫折してしまったようで私は少し焦っていましたが、あまり躍起にならないで、本人のやる気のペースに合わせて見守ってあげるのが一番かな。
言葉は本人が話して楽しいと思わないと覚えないですもんね。
反省しました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月10日 (水)

テアトロ

冬の間、サラを連れて何度もテアトロを訪れました。
あちこちの小劇場の情報を集めては、人形劇、操り人形、お話、演劇などなど。
あちらこちらの小さな町の劇場で子供向けの演目をやっています。

びびらーサラ、初め暗い劇場内はびっくりちゃうかなと思っていたのですが、
どの劇も前に体を乗り出す程、とっても興味深く、
真剣にお話に聞き入っていました。
中には心暖まるとってもいいお話もあって、私のほうがジーンときて
泣きそうになってしまったものまであって、子供向けとは言え、
シナリオもきちんとしているし、舞台装置も装飾も音楽も
とても良く出来ていて、大人が見ていてもおもしろいものばかりです。

Dsc_2627_2

Dsc_2630_2

先週の日曜に観に行った演劇は花火あり、シャボン玉あり、スモーク効果あり
の盛りだくさん。そしてトランペット、フルート、オーボエ、アコーディオンと
いろんな楽器演奏もあり、おまけに大道芸人役の男性がビックリするような
大道芸も披露してくれました。
サラは目を丸くして釘付け状態。

Dsc_2633

 

家に帰ると真っ先にバッボにその日のお話の内容を聞かせています。
(大概週末はサッカー中継があるので、バッボなしでヴァネッサや
ステファニア親子と行ってます。)

Dsc_2639

こんな素敵な催しが3〜4ユーロ程で観れるのはとっても嬉しいこと。
まだまだ寒い冬が続きそうなので、しばらく週末はテアトロ通いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

アリリンちゃんと

最近ちょこちょことお邪魔させてもらっているアリリン家。

先週の水曜日、ちょうどサラの幼稚園が町の守護聖人のお祭りの日で
お休みだったので、早速電話をして朝からお邪魔しました。

アリリンママとは、お互いまだ日本語学校に通わせていない娘たちの
日本語教育の為にも、週に一回は会ってお友達と日本語を話す機会を
持たせてあげよう、といつも話しているのです。
だから、チャンスのある時は幼稚園をズル休みさせても会っています。笑

もう毎度のことになっていますが、お昼ごはん担当は私!
アリリン家のキッチン、どこに何が入っているかも知りつくしている私は
我が物顔で早速ご飯の準備。笑
野菜嫌いの二人のお姫様のために、
毎回必ず野菜をたくさん使った献立にすることにしています。
いつもは喜んで食べないものでも、ライバルが目の前にいると
負けたくないと思うのか、競争して食べるので、
母チームはここぞとばかりに野菜メニューに躍起になります!

この日のメニューは「カレイの唐揚げの野菜あんかけ」と
「ほうれんそうとハムの中華風クリーム煮」、それにごはん。
最近食欲おう盛なサラ。
黙々とアッという間に完食!で、ごはんおかわり。
それを見て、アリリンちゃん焦りました!
嫌がっていたほうれん草、すごい形相でかき込みました!

Dsc_1708 Dsc_1710

今日も母チームの作戦成功!
二人ともよく食べました。

ご飯の後はおやつのクッキー作り。
二人におまかせで作ってもらいましたよ。

Dsc_1714
Dsc_1744 Dsc_1743  
Dsc_1729  Dsc_1730
Dsc_1752

「それはいったいなんの形〜?」と思うような代物も多々ありますが、
食べるのはアナタたちだからね。お好きにどうぞ〜。
生地からチョコチップを掘り出して食べているのは誰〜?

Dsc_1731

前の晩から「明日はサラちゃんと日本語話すの!」と気合が
入っていたらしいアリリンちゃん。
ついついイタリア語が出ちゃうサラに「マイナスポイント!」
と警告を出しながらの二人のしゃべり。

Dsc_1768
Dsc_1770
Dsc_1777

アリリンママと、会う度に話すのが「この二人成長が似てるのよね〜」なのです。
言葉の発達も、考えることとか行動もことごとく似ていて、笑っちゃうんです。
いっつも「あ、うちの子と同じこと言ってる〜」「うちの子も最近そうなのよ〜」ばっかり。笑
最近こんなことできる、とか反抗期の時期まで一緒で、成長過程が全く一緒。
いつ会っても「同じこと発見」がおもしろい母チームです。

Dsc_1796  

次回会った時はいったいどんな「おんなじ発見」があるのか?

また近いうちに日本語タイムしましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

夏休みの思い出 レオケンが泊まりにきたよ。

山のお家で「結婚宣言」をしたサラとレオケン君。
サラはそれから「レオケンと一緒に寝るんだ〜!」と呪文のように唱えていて、
で、二人の希望を叶えてあげることにしました。
レオケン君、初のお泊まりです。

もうサラは頭がおかしくなっちゃったんじゃない?と思えるくらいのはしゃぎぶり。家中を走り回って奇声をあげていました。

二人で一緒にお風呂に入って。

Dsc_0789

歯磨きも一緒

Dsc_0793


で、レオケン君はというと、楽しそうにしてはいるものの、何となくどこかに
「がんばってる」という感じが私にはして、少し落ち着かない様子。

Dsc_0795
サラのこの嬉しそうな顔。
まるで新婚夫婦ですね。笑

ここまでは良かったんです。
が、「おやすみ〜」と電気を消した途端「ママ〜!!」と泣き出してしまった
レオケン君。
とってもしっかりしていてがんばりやのレオケン君ですが、
やっぱりまだ3歳だものね。これは当然の反応でした。
ちょっと早すぎたね。

ジャンニがレオケンバッボに電話をして事情を説明すると
血相を変えて飛んできたレオケンバッボ。
バッボもまだ心の準備ができていなかったみたい。笑

レオケン君がお家に帰るとわかると、今度はサラが「サラがレオケンの家に
泊まりにいく〜」と泣き叫び。
そんなことしてたらお互いの両親が一晩中行ったり来たりになっちゃうよ〜、
勘弁して〜、となだめるのに一苦労でした。

もう少し大きくなったら、またお泊まりしようね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

餃子パーティ

もう2週間も前の話になりますが。。。 汗!

仲良しのpolidoroさんとshinomaiちゃんがランチに遊びにきてくれました。
polidoroさんの前々からのリクエストで、ランチに餃子をすることに。
ちろん、こちらでは餃子の皮など簡単に手に入らないので、
皮からの手作り餃子です。
日本の我が家では餃子といえば、母がたねを作り、皮を私と妹の二人で、
の母娘三人の共同作業と決まっていたので、餃子の皮は何度か作ったことが
あったのですが、こちらに来てからは初めて。久しぶりのお仕事です。
我が家ではバッボが和食が苦手なので、夕食はイタリアンと決まっています。
なので、今までご飯のメニューに餃子って、全く思い浮かびませんでした。
ほとんど存在を忘れていたくらい。
これなら、バッボも食べられそうだし(お醤油をつけなければ)、サラも喜んで
食べてくれそうで、お野菜もいっぱいとれるナイス・メニューですね。

さて、この日はプロのお料理人、お菓子職人という頼もしい助っ人の
shinomaiチャンがいるので怖いものなし!
さすがはお菓子職人、粉を練るのは手慣れたもので、
おしゃべりしながらもアッという間に生地をこね上げてくれました。
餃子の皮作り初めてとは思えない腕さばきで、生地のばしもササッとこなし、
みんなでがんばって100個くらいできたかしら。

Dsc_2543

もちろん、子供達も皮作りで参加。
粘土細工で鍛えているアリリンちゃんは丸めるのが上手!

Dsc_2531

一方クッキー作りを何度か経験しているサラは粉といえば型抜き。
自分でクッキー型を出してきて餃子の皮を型抜き。ちょっと違うんだけどね〜。

Dsc_2530

餃子の皮が一段落ついたところで、shinomaiちゃんが
子供達にお菓子教室を開いてくれました。
材料までちゃんと用意してきてくれて、クッキー作りです。
二人揃ってエプロンつけて、粉をサラサラ、
生地をグチャグチャ、コネコネ。。。
お手てを粉だらけにして、でもちょっと真剣な顔つき。

Dsc_2525_2

子供のエプロン姿ってかわいいなぁ。
二人ともとっても楽しそうでした。
shinomaiちゃんの指導のもと、二人でこんなに可愛らしい
クッキーを作りました。

Dsc_2539


さてさて、焼き上がった餃子は。

Dsc_2549

カリカリの香ばしくってモチモチの皮。やっぱり手作りはおいしい!
みんなほぼ一気食い状態でした。笑
おしゃべりもビールもはずむはずむ。

みんなでお料理するってとっても楽しくって、そしてやっぱり、
みんで食べるからおいしいんですよね。

とっても幸せなランチでした。

またやりましょうね。

Dsc_2520

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

PLAY MAIS

8月9月はお誕生日ラッシュ。
今日は5人分の子供のプレゼントを買うため、
良く行くおもちゃやさんへ足を運びました。ふー、汗!

四苦八苦、迷った末、なんとか5人分のプレゼントをゲットすることができたのですが
おもちゃをたくさん買って、サラがおとなしくしているわけがありません。
「これサラのー?」「これは◯◯ちゃんにあげるプレゼントよ」
「え〜!!サラのは〜」
何か買わなければ気が済みそうにありません。
で、みつけたのがこちら。

Dsc_2071
PLAY MAISという名前の工作おもちゃ。
お店の人に勧められて初めて知ったのですが
Dsc_2077
こんな風にカラフルな梱包用の発泡スチロールのボールのようになっています。
が、名前からもわかるように原料はトウモロコシで出来ていて
お水につけるとシュワッとマシュマロのように融けてボール同士がくっついて
いろいろな形が作れるというもの。
100%自然のもので作られているのでお口に入れても安全なんですって。

結構おもしろくて、私のほうが夢中になってしまいました。
Dsc_2081 Dsc_2105 Dsc_2112
こんなかんじで、かなり自由に形が作れます。

Dsc_2096

サラははじめ切り刻んで遊んでいましたが、そのうち電車(本人曰く)
など作り始め、二人で夢中になってしまいました。
おもちゃはやっぱり創造性のあるものがヒットですね。

このおもちゃの会社の宣伝しているわけではないんですよ。念のため。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

サン・ロレンツォの夜

ちょっと前の話になりますが。。。

8月10日はサン・ロレンツォの日でした。
この日の夜、一年で最も流れ星が良く見える日とされています。
聖人ロレンツォは3世紀中頃、
キリスト教迫害でこの日に殉教したのだそうです。
で、彼の命日のこの日に聖ロレンツォの流す涙が
流れ星となって見えるのだとか。
日本の七夕のようなロマンティックなお話。
イタリアでも流れ星にお願いごとをすると叶うと言われています。

夕食後、仕事で疲れきっているジャンニはさっさとテレビの前のソファーに座り
こくこくし始めていたので、私とサラで明かりを消して
テラスのデッキチェアーに横になり、流れ星を待つことにしました。
デッキチェアーに仰向けになった私の上にサラも仰向けになり、
二人でぴったりとくっついて
静かにお話をしたり、七夕の歌を歌ってみたりしながら。
いつもはじっと私に抱かれていたりしない子なのに、この日はいつもと違う
シチュエーション、夜空を見上げることが気持ちよかったのか、
ピタッと私に体をくっつけておとなしく私の話す言葉に耳を傾けていました。

静かにゆっくりと流れる時間。

娘とこうやって、何からも邪魔されずにゆっくりと二人きりで過ごすひととき。
こうやって何もしない緩やかな時を娘と共有できたことが、
なんだかとても嬉しくって。
私にとって最高に幸せな時間だったのです。

夜空を見上げながら、そういえばフィレンツェに来て初めての年、
語学学校のクラスメイト達と何人かでフィエゾレの丘に行き、皆でオリーブ畑に
輪になって寝転がり、ビールを飲みながら流れ星を見たのを思い出しました。
もう16年も前の思い出です。
あの時は、まさか今日のような日が来るとは思ってもいなかったでしょうね。
あの時はどんな願い事をしたんだろう。

娘と一緒に見た流れ星に託した願いは。。。
何にしようか考えたけれども、でてきませんでした。
だって、これ以上何を望めるんだろう。
こんな幸せな時間があるだけで十分。
唯一、お願いごとをするとしたら
「この幸せがいつまでも続きますように」かな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧