« | トップページ | »

2011年3月17日 (木)

terremoto e tsunami

南三陸町に住む義理の妹の家族が安否の確認が取れないままでいましたが、
昨日日本の母からの電話で全員が無事だったとの知らせを受けました。
あぁ、良かった。本当に良かった。無事でいてくれて良かった。

南三陸町の被害のすごさをテレビで見る度に、涙があふれてきて「こんな状況では。。。」と思う度に、弟が「あそこは過去にも大地震と津波があったところで、みんな日頃から訓練しているから大丈夫。僕は希望を捨てていない!」と言ったのを思い出し、「どうか無事でいて下さい」と祈っていました。
それほど大きくはなかった第一波が引いたと同時に自力で高台まで駆け上がったそうです。

今は厳しい寒さと物資の不足で、被災者のみなさんが厳しい生活を送られていらっしゃるとの事。
どうか、みなさん、希望を捨てずにがんばって下さい。

毎日朝からテレビをボーッと見つめるだけ。
日本の事ばかりを考え、なんだか頭の中が麻痺したように
何も考えることができず、何をどう書いて良いのかわかりません。
遠いこの国にいる私に何が出来るだろう。
なにかしなくては。なにかしてあげたい。。。

被災地の方々、がんばって下さい。
今の私にはこれしか出来ませんが、エールを送ります。
どうか希望を捨てないで。
がんばれ日本。 がんばれ東北。

一人でも多くの人が救助されますように。
そして一日でも早い復興を祈っています。

|

« | トップページ | »

コメント

南三陸町の状況を見たとき、絶句でした・・・
ご親戚が無事で本当によかったですね。
私もあの日から頭から日本のことが離れず、家族の事も放ったらかしで、ただぼーっとニュースを見てばかりでした。
ここにいて、自分にできることって・・・?
そんなことを思っていたら、この周辺に住む日本人など集まってチャリティー活動をしようという話を頂き、お手伝いすることになりました。
たくさんのことはできないけれど、頑張って協力しようと思っています。
momoさんは小さなオリヴァーくんのお世話、頑張ってください!
このブログを読んだ人たちが、momoさんのエールを受け止めてくれていると思います。

投稿: momo_capricci | 2011年3月18日 (金) 00時00分

*****capricciさん*****
なんだか私のほうが励まされているようで、涙が出てきてしまいました。。。
本当に私も同じように、毎日テレビを見つめるだけ。
あの悲惨な状況をテレビやネットで見ているだけで、精神的にもかなり落ち込んでいたのです。
(テレビで見るより現場はもっと悲惨な状態でしょうね。)
だからcapricciさんの言葉にこちらが励まされてしまいました。
日本人のみなさんとチャリティー、がんばって下さい。
私にも何か出来ることがあったら言って下さいね。
ぜひお手伝いしたいです。
昨日サラと話して、来週サラの幼稚園で募金活動を始めるつもりです。
微々たるものでしょうが、何か少しでも役に立てればという思いです。
実は埼玉に住む妹がお腹に赤ちゃんがいるのです。原発の事もとても心配で。。。

投稿: momo | 2011年3月18日 (金) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423440/39259538

この記事へのトラックバック一覧です: terremoto e tsunami:

« | トップページ | »