« 2011年2月 | トップページ

2011年3月

2011年3月22日 (火)

solidarietà

Dsc_0359

サラと幼稚園で募金活動を始めました。
協力してくれる人への感謝の気持ちとして、週末にサラとたくさんの
折り紙を折りました。
私たちに出来る事。
今はこんなことしかないですが、ほんの小さなことだけれど、
気持ちが届けば嬉しい。

Dsc_0351_2

朝いつもお寝坊のサラが今日はがんばって早起きをしました。
幼稚園の門の前でみんなが来るのを待って
「UN PICCOLO AIUTO PER IL GIAPPONE!!(日本の為に、協力を)」
と声をかけました。
ちょっと恥ずかしかったけど、がんばりました。
たくさんの人が協力してくれました。
私に「あなたのところは大丈夫?寒いのに、がんばってくれてありがとう。
こちらがお礼を言います。」とたくさん協力してくれたママもいて、
涙が出ました。
ありがとう。

集まったお金はイタリア赤十字を通し日本赤十字へ送られます。
イタリアから、私たちの気持ちが届きますように。

世界中のたくさんの人達が応援しています。
きっと乗り越えられる。そう信じています。

被災地のみなさんに一日でも早く笑顔が戻りますように。

心から願いを込めて
故郷の日本の皆さんへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

ブログお友達のこの方のブログで見ました。
みなさんに見ていただきたくて、リンクします。
http://italylife.exblog.jp/15063298/

テレビで毎日被災地や避難所の様子は見ていましたが、現状はもっともっと
悲惨なもので、命からがら地震や津波から逃れられた人も、とても厳しい生活を
強いられているのだろうというのは容易に想像できました。
でも、実際に被災された方の生の声を聞いて、
そのあまりの悲惨さにただただ涙があふれて止まりませんでした。

私にも生まれて間もない子供がいます。
一日だっておむつを替えなかったらどんなことになるか。。。
お母さんの空腹とストレスでおっぱいが出なかったら。。。
大人は少しくらい食べなくても何とかなっても、
小さな子供には命に関わります。

自分の子供が生と死の間で一生懸命戦っているのを、
何も出来ずにただ見守ってるだけの母親の思い。
胸が張り裂けそうになりました。。。

被災地のたくさんの方が未だに水も電気もない生活で、厳しい寒さ、飢え、
暗闇、不安に耐えている現状。

なんとかしてあげたい。。。
遠い国にいて、何も出来ないいらだち。
私に出来る事ってなんだろう。

今とりあえず出来る事は、こういう被災者の生の声を
一人でも多くの方に伝える事。
そう思ってリンクさせてもらいました。

どうか、どうか、一人でも多くの命が救われますように。
そればかりを願います。

新聞の記事で、被災地に援助に入った赤十字の医師のコメントがありました。
経験した事のない桁違いの惨状だったと。
でもそんな中でもみんな「こんな遠くまで来てくれてありがとうね。」
と頭を下げる被災地の人々。診察を通して幾度となくお礼を言われたという。
こんな大混乱の中でも秩序正しく、お互いをねぎらう精神を持つ日本人。
同じ日本人として誇りに思いました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

terremoto e tsunami

南三陸町に住む義理の妹の家族が安否の確認が取れないままでいましたが、
昨日日本の母からの電話で全員が無事だったとの知らせを受けました。
あぁ、良かった。本当に良かった。無事でいてくれて良かった。

南三陸町の被害のすごさをテレビで見る度に、涙があふれてきて「こんな状況では。。。」と思う度に、弟が「あそこは過去にも大地震と津波があったところで、みんな日頃から訓練しているから大丈夫。僕は希望を捨てていない!」と言ったのを思い出し、「どうか無事でいて下さい」と祈っていました。
それほど大きくはなかった第一波が引いたと同時に自力で高台まで駆け上がったそうです。

今は厳しい寒さと物資の不足で、被災者のみなさんが厳しい生活を送られていらっしゃるとの事。
どうか、みなさん、希望を捨てずにがんばって下さい。

毎日朝からテレビをボーッと見つめるだけ。
日本の事ばかりを考え、なんだか頭の中が麻痺したように
何も考えることができず、何をどう書いて良いのかわかりません。
遠いこの国にいる私に何が出来るだろう。
なにかしなくては。なにかしてあげたい。。。

被災地の方々、がんばって下さい。
今の私にはこれしか出来ませんが、エールを送ります。
どうか希望を捨てないで。
がんばれ日本。 がんばれ東北。

一人でも多くの人が救助されますように。
そして一日でも早い復興を祈っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

東北太平洋沖地震により被災を受けられましたすべての皆様に
謹んでお見舞い申し上げます。

毎日テレビを見つめて歯痒い思いをするばかり。。。
まるで映画を見ているような凄まじい光景に心が痛みます。

3月30日に出発予定だった日本行きはとりあえず延期しました。


どうか、どうか、無事でいて下さい。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ