« 2010年9月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月16日 (木)

オリヴァー1ヶ月

Dsc_1003

オリーヴァーは今日で一ヶ月と一週間。
おっぱいをたくさん飲んでスクスクと育っています。
先週、一ヶ月検診で小児科の先生のところで体重と身長などを計って
もらったら、なんと体重が1.5㎏、身長が5㎝も増えていて先生もビックリ。
ほっぺがパンパンになってきました。
いまのところ、おっぱい以外はほとんど寝ているいいこちゃんです。

Dsc_0980

へその緒が今日やっと取れました。
これは先生にもちょっと時間がかかりすぎ、と言われ、
来週の月曜に小児病院の外科を予約したところでした。
取れちゃったから、行かなくても良いかなと思ったのですが、
よく見ると芯のような固いものが残っているし、デベソのようにポコッと
出ているので、一応診てもらうことにします。

Dsc_1000

それにしても、二人目っておおざっぱだな〜、とつくづく思います。
サラの時はほんの小さなことでもすごく気になって、心配になって、育児本を片っ端から読んだり、ネットで調べたり、アタフタ。。。
毎日が朝から晩まで赤ちゃんのことばかりを考えて過ごしていたような。
二人目はちょっとくらい泣いても全然気にならない。
ジャンニにも「もうちょっと丁寧に扱えよ〜」と言われちゃうくらい大雑把。
今は他にもしなければならないことがいっぱいで、ゆっくり子育てを楽しむ暇もないのです。

でも、我が子はやっぱりかわいいです。あたりまえか。
おっぱいを一生懸命コクコクと音を立てて飲む姿や、私にぎゅーっと抱きついて安心して寝ている顔を見ると、たまらないですね。

Dsc_0928

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

オリヴァーの誕生

ああ、もう3週間も経ってしまいました。
怒濤のごとく過ぎていく毎日。。。

ご報告が遅れましたが、11月9日、無事長男を出産しました。
名前はここではオリヴァーとしておきます、(日本語では書きにくいイタリア語名。。。)

Dsc_0882

8ヶ月からお医者さんや助産婦さんに「もう産まれるよ」と言われ続け、
安静にしていたのに、結局予定日を一日過ぎてから産まれました。
それまで毎日夜になるとやってくる陣痛。「今夜かも今夜かも」と
眠れぬ毎日に疲れ果てた頃、やっと出てきました。涙
でも希望していた「マルゲリータ助産院」で素晴らしい助産婦さん達に助けられ、とても満足のいく出産が出来ました!

診察を受けたお医者さんみんなに「子宮はもう準備万端だから、
きっと楽なお産になるよ〜」といわれていたのに、とんでもない! 
7時間近く踏ん張り続けて、やっと出てきましたよ。
3600g。またしても、でっか!
出てきた赤ちゃんは、サラに瓜二つ! サラが産まれた時と全く同じ顔、
同じ髪質、同じ大きさ、重さで、笑ってしまいました。

オリヴァーが産まれたマルゲリータ助産院はこんなところ。

Dsc_0887 
Dsc_0821 
Dsc_0839 
Dsc_0841 Dsc_0825
Dsc_0888

大きな個室に水中出産用の浴槽、ダブルベッド、洗面所がついています。
私のお産には4人もの助産婦さんがついてくれ、それぞれ足の陣痛促進のツボを
押してくれたり、腰を温めてマッサージしてくれたり、体力がなくなってきている私に水を飲ませたり蜂蜜を舐めさせてくれたり、と至れり尽くせり。
出産はサラの時と同じか、それ以上、と言ってもいいほど大変でしたが、
分娩中は気を失うのでは思う位疲れ果てていたのに、出産直後すぐに立ち直り、
我が子をしっかりと抱きしめることができたのにビックリ。
サラの時は立ち上がるどころか、声もでないほど疲れ果てて、
息をするのがやっとだった位。赤ちゃんを抱く気力も残っていなかったのに。
今回は産後の体の回復もとても早く、縫ったところの痛みもほとんどなくて
驚いています。
私が思うには、「自然体で産めた」からだと思うのです。
サラの出産の時は、促進剤での人口的な陣痛。
自分にとって心地の良くない体勢で、いきみたくない時に無理矢理いきませられ、体力気力ともに疲れ果てた頃に、何がなんだかわからないままパツンと切られて、無理矢理出させられた、という感じでした。
でも今回は助産婦さん達は少し手を貸してくれただけ、そばで励ましてくれた
だけ、という感じで、「自分の心地の良い体勢でいいから」「赤ちゃんとお母さんの体の声を聞いて!」「いきみたいときだけいきめばいいのよ」と言ってくれ、自分でがんばって産んだ、という感じがするんです。
出てきた時は「ああ、やっと出てきた!」「オリヴァー、よく頑張ったね」「私もよく頑張った!」と自分で自分を褒めてあげたい位。すっきり爽快、とても爽やかな気持ちで、100%満足の行く、とても良いお産が出来たと思っています。
気分的なものってすごく大きいと思うんですよね。
出産後もとても気分がよく、体もすごく楽なんです。
サラの時は産後ブルーになって気持ちも落ち込み、よくメソメソしていたし、
体も辛かったのに。

マルゲリータでの出産は大満足で、あそこに戻る為だけにもう一度産みたい、
と思うほど(笑)、退院するのが残念な位でしたが、一つだけ残念だったのは、せっかくパパも一緒に過ごせる(パパも兄妹も一緒にお泊まり可)施設だったのに、この時期に限ってジャンニの仕事が超、超、超忙しく、
ほとんど一緒に過ごすことができなかったこと。
(その代わり、サラが一緒にいてとても良く手伝ってくれましたが)
家に帰ってからも休みなしで仕事で、夜も帰りが遅く、ゆっくり家族での団らんが出来ないでいます。。。

そんなわけで、出産から48時間きっかりで退院、その後2日家にいただけで、
5日目からは今までと同じ生活を送っています。

オリヴァーもサラの幼稚園の送り迎えやスーパーへのお買い物、市役所や保健所での手続などで、あちこちへ連れ回されていますが、今のところいつもグーグー寝てくれるおりこうさん。
ずっと続いてくれるといいのですが。

Dsc_0919  
オリヴァー

Dscf1287  
サラ

| | コメント (20) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2011年1月 »