« サラの日本語 | トップページ | 春の訪れ »

2010年3月 9日 (火)

雪山へ

Dsc_3206

今日はなんと朝から雪!!
フィレンツェに十数年暮らしていますが、3月に雪を見たのは初めてです。
いつもは3月8日の女の子の日を待たずに散りかけてしまうミモザの花も
まだ七部咲き。今年の春の訪れは本当に遅い。

先々週は待ちきれなくて、太陽が出たと思った瞬間にサラと車に乗り込み
海まで飛ばして海岸でお弁当を広げたりしましたが、先週末はまた寒さが
戻ったので気持ちを逆戻り。で、雪山へ行ってきました。
サラの幼稚園のお友達ドリスちゃん一家と一緒です。

向かった先はABETONEというトスカーナとエミリアロマーニャ州の
ちょうど間にある山。
フィレンツェを出る時は風は冷たかったけれど晴天だったのに、
山に着いたら軽い吹雪。風があって結構寒かった。当たり前か。
でも子供たちは寒さなんてなんのその。
念願の雪遊びが出来てみんな大喜びです。

  私もジャンニもスキーはしないし、ドリス一家も10ヶ月のおじょうちゃまが
いるのでもちろんスキーはパス。(ここの一家、サラと同級生の女の子の下に
3歳と10ヶ月の女の子の三姉妹!)
リフトに乗って頂上へ向かうことはしないで車で行けるところの
近くにあった子供用の遊び場と雪すべりで楽しみました。
でも子供たちにはこれで充分。雪と戯れているだけで嬉しそう。

Dsc_3136_3  
Dsc_3182  
Dsc_3185

サラはずっと雪の中をゴロゴロ。運動音痴なサラにはこれが一番楽しいみたい。

Dsc_3140_2

最近流行のパレッタと呼ばれるプラスティックの下敷きのようなものを
買ってこれで雪すべり。

Dsc_3197  
Dsc_3200  
Dsc_3168

サラは今回一人すべりにも挑戦。

Dsc_3192  
Dsc_3164  
Dsc_3195  
Dsc_3169

初めはちょっとおっかなびっくりだったけれど、二回めからはお手の物。

これはソリよりダイナミックにおしりに雪のデコボコが感じられて結構迫力あります。大人でもかなりはまります、これ。一番喜んでいたのはジャンニ。

Dsc_3207

その後みんなでゆっくりと、暖かい紅茶で体を温めてから帰途へつきました。
もちろん、サラも私も車に乗った瞬間に爆睡です。
日帰りで行けるから、また気軽に行きたいな。次回はお天気の良い日を狙って。

Dsc_3142

|

« サラの日本語 | トップページ | 春の訪れ »

おでかけ」カテゴリの記事

休日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423440/33707673

この記事へのトラックバック一覧です: 雪山へ:

« サラの日本語 | トップページ | 春の訪れ »