日本 2009

2009年7月24日 (金)

MI MANCANO......

懐かしいものたち。

Dsc_0816 Dsc_1417
Dsc_1471 Dsc_1418
Dsc_1608 Dsc_1605
。。。。ため息。。。

Cimg0935

何度も通った海が見える露天風呂。。。

遠い目。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サラのいとこ

Dsc_1240

今回の日本帰国の一番の楽しみだったことは、いとこちゃんたちに会うこと。
私の弟夫婦のお子ちゃまとは昨年の帰国で初ご対面することができましたが
まだ生まれて2ヶ月程の小さな赤ちゃん。
今回はそのいとこちゃんも1歳半、そしてもう一人、私の妹夫婦のお子ちゃま
とは初めましてで、ちょうど1歳になったばかりでした。

時々スカイプなどで見ることはできたけれど、
やはり実際に会うと違うものですね。
自分の甥や姪って、格別な愛着を感じるものです。
もうかわいくってかわいくって。

サラもそれは同じなようで、やはり血の繋がっているいとこたちとは
肌が合うようです。
すぐに仲良しになりました。

いつもは自分より少しだけ大きい子供たちといることが多いので、
自分より年下のいとこちゃんたちの前では仕切る式仕切る。
日本滞在中は家族みんなにチヤホヤされて&環境が変わってというのもあり
かなりワガママになっていた部分もあったのですが、
小さないとこちゃんたちにはそれなりに気を遣って「お姉さん」
になっていたような気がします。

Dscf4704

1歳になったばかりのまひろちゃん。
とっても小さく生まれたのに、食欲旺盛な元気な子。
サラが笑わせるとケラケラと大笑いしていました。

Cimg0951

1歳半こうせいくん。
保育園から帰ると真っ先にサラの姿を捜していました。
一緒にお風呂に入ったり、夕飯のあとは2人揃ってじいじと共に大騒ぎ。

Dsc_0239_2 

お風呂上がりの麦茶

おじちゃん、おばちゃんたちにもたくさん遊んでもらいました。

Dsc_0446

Dsc_1415

Cimg0923

来年会う時は3人とももっと大きくなって、また違った形で楽しめるのかな。
一年に一度しか会えないのがとても残念。
遠く離れていても、良いいとこ関係を築いていって欲しいと思っています。

| | コメント (0)

2009年7月23日 (木)

海 海 海

Dsc_0138

今年はジャンニの仕事が忙しく、土日も仕事の日があったりで、
家族ではまだ2回しか海に出かけていません。

でも日本滞在中はほとんどを伊豆の伊東の家で過ごしたので、
サラと何度も海に行きました。

サラは海が大好き!
海、と聞くと血が騒ぐようです。(笑)
まだ4月、5月で入るには涼しい時期でしたが、海に入れなくても
見ているだけで気持ちが良いですね。
何度か幼稚園が終わった後ランチにお弁当を持って海辺へ行きました。
ママと二人、海辺で食べるお弁当はやっぱり気分が違うようで
はしゃぎまくり。
日本滞在中は去年同様食の細かったサラですが、この海辺のランチの時は
いつもよりかなり多く食べていました。

Dsc_0181

イタリアだとこの時期でもお天気がよければ海辺は日光浴をする人達で
にぎわうのですが、伊東の海岸はいつ行ってもガラーンとしていて、
気兼ねなく騒げます。(笑)

Dsc_0132

Dsc_0148

波打ち際で波と鬼ごっこ。
履いていたミニスカートがビショビショになってしまったので、
誰もいないので脱がせちゃいました。

Dsc_0790

この日は妹家族と一緒に海での一日を楽しみました。
伊東港からの遊覧船に乗って伊東の周りをぐるっと一周。
船底のガラス張りの窓から見える海底の様子。
釘付けのサラ。 でもじーっと見ていると船酔いします。笑

Dsc_0746

Dsc_0753

そして海岸でお弁当。

Dsc_0754

Dsc_0756

海で遊ぶといつもの倍お腹がすきます。
ばあばが作ってくれたおいなりさんと巻き寿司のお弁当。
1歳になったばかりのサラのいとこちゃんも大喜びでパクパク。

Dsc_0766

Dsc_0797_2

どろんこになって、たくさん遊びました。

やっぱり海はいいなぁ。
この伊東の海岸も今頃はきっと海水浴客で賑わっているのでしょう。
日本の海岸は「海の家」の呼び込みがすごくて、あれは苦手。
もうちょっとスマートに海を楽しめればいいのに。
来年も海水浴シーズンに入る前に日本へ行かなければ。

それより、バッボ、イタリアでも海、行きましょうよう!

 

| | コメント (7)

2009年7月22日 (水)

おでかけ いっぱい!

Dsc_1533
今回の日本滞在では、家族みんなに本当に色々なところへ
連れて行ってもらいました。

上野動物園。

Dscf4645

Dscf4670

昨年行った多摩動物園に比べると規模も小さく、動物もそれぞれ一頭ずつが
小さな檻に入れられていて、なんだかちょっと「見せ物」
という感じがしたのが今一でしたが、満開の桜も見え、お天気もよくて
近場でちょこっと遊ぶという感じならよいかな。

家族みんなで行った伊豆三津シーパラダイス。
ここでは大きなセイウチに感激!
楽しいイルカやアシカのショーやたくさんのきれいなお魚を見たりしました。

Dsc_1536_2

Dsc_1509

千葉のマザー牧場へも。
残念ながら雨の一日で、広い園内にたくさんいる動物の半分くらいしか
見れませんでしたが、珍しいラマにえさをあげたり、
トラクターバスに乗って放し飼いにされているひつじや牛などを見たり、
おいしいジンギスカン料理を食べたりと、
とても楽しかったです。ここはまた来年ぜひ行きたいところです。

Dsc_0583_2

Dsc_0600_2

マザー牧場の帰りは鴨川シーワールド。
ここでは大きなシャチのショーにビックリ。
シャチが水に飛び込むとものすごい水しぶきで、前から3列めくらいに
座っているお客さんは頭からザバーッと水をかぶり、それがまたおもしろい。
みんな急いで傘を開けたり、レインコートの帽子をかぶったり。
シャチを間近で見ることもでき、サラは大興奮でした。

Dsc_0638

めずらしいベルーガという白イルカを見たり。

Dsc_0666

きれいなお魚もたくさん。
サラはお魚を見るのが本当に好き。 

Dsc_0696

じいじ、ばあばと楽しい思い出がたくさんできました。

まだまだサラを連れて行ってあげたいところ(自分が行きたい?)
たくさんあるんです。
次回の帰国までにリスト作っておくので、また来年よろしくね、
じいじ、ばあば!

| | コメント (0)

2009年7月19日 (日)

TDLデビュー!!

Dsc_0251

ディズニーランド、とうとうデビューしました!

ゴールデンウィーク初日のこの日、人が多くてどのアトラクションも
待ち時間がありましたが、比較的スムーズに乗ることができ
(これはひとえに妹の旦那のおかげ、お疲れさま!)、
楽しい一日を過ごすことができました。
やっぱり日本のディズニーランドはすごいなぁ。
いつ行っても、大人も子供も楽しめる。
じいじ、ばあばも、1歳になったばかりのサラのいとこちゃんも
しっかり楽しんでいました。

まだサラが参加できないアトラクションばかりで、ちょっと早いのかも
と思ったりしていたのですが、結構いろいろなものに乗れたし、
サラは暗いところも怖がらず、飛び跳ねたりするアトラクションも
かなり楽しんでいた様子。


歩きながら大好きなキャラクターに会えたり、パレードを見たり
もう興奮しっぱなし。

Dsc_0305
Dsc_0284_2
Dsc_0285
Dsc_0250

また来年も行きたいなぁ。
次回はぜひ泊まりがけで、ディズニーシーにもチャレンジしてみよう。

| | コメント (0)

2009年7月18日 (土)

忘れないうちに

ヒジョーに忙しいです。。。
なんだか細々したことがたくさんあり、お友達ブログも全く見ていない程。。。反省。
私はどうもかなり時間の使い方が下手なようです。

もう日本帰国から2ヶ月が経とうとしていますが、
忘れないうちにちょこちょこアップしなければ。

ー幼稚園ー
Dsc_0006

3週間という短い期間でしたが、サラが通った幼稚園。
入園式も体験することができました(イタリアにはこういうたぐいのものはないので。。。)

クラスのみんなが初めての幼稚園。
毎日数人、ママと離れるのが寂しくて泣いている子もいましたが、
イタリアで既に幼稚園に通っているサラはこういう環境に慣れているようで、
スムーズに幼稚園生活に慣れることができたようです。

毎日後ろ手に「ママ、バイバーイ!」とされて
逆に私のほうが寂しかったり。。。
「ちょっとチューくらいしてよ〜!」と無理矢理させてました。笑

毎日元気よく登園。

Dsc_1637

Dsc_1626

帰り道は歩きながら、その日に幼稚園で遊んだことを話してくれたり、
新しく覚えた歌を歌ってくれたり。

Dsc_1620

ばあばにお迎えに行ってもらったこともありました。

日本の幼稚園にはイタリアの幼稚園にはない遊具がたくさん!
そして、先生方もとても熱心で、子供たちを楽しませながら、
いろいろなことを教えてくれます。
Dsc_0008

サラがいちばん気に入っていたのはお砂場かな。

Dsc_0012

Dsc_0021

Dsc_0033

お外で遊んだら後はちゃんとみんな手を洗います。

Dsc_0038

うがいもします。
これもイタリアではなし。家庭でもあまりする人はいないみたい。。。涙

Dsc_0066_2

それからおやつの時間です。
みんなちゃんと席に着いて、とってもお行儀がいい。

Dsc_0094

帰りの時間まで、先生が紙芝居を読んでくれたり、
ピアノを弾いて歌を歌ったり。

Dsc_0108

サラは担任の先生が大好きだったようです。

Dsc_0080

あとから大きい子達のクラスの先生に聞いたのですが、
年長さんクラスでサラの大ファンの男の子がいたとか。
毎日別の教室からサラに会いに来ていたんですって。かわいい!
そういえばこの子、後から写真を良く見たら、お外遊びの時はいつも
サラの隣に写っていました。(笑)

短い間だったけれど、こちらでは体験できないことをいろいろして、
日本のお友達とたくさん遊べて、とても良い経験になったと思います。

幼稚園の先生方、お母さん方、お友達のみんな、
良くしてくださってありがとう。
とっても素敵な思い出ができました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

おうまさんに乗ったよ〜!

Cimg0829

この得意げな顔!
明治神宮裏の代々木ポニー公園で初の乗馬体験をしました。

ビビラーサラ。じいじの提案に「おうまさんに乗る〜!!」
と大はしゃぎだったのですが、きっと実際に馬に股がったらビックリして
泣き出すだろうなと私は思っていたのです。
ところが、何くわぬ顔で乗っかり(乗せてもらい)、走り出したらこの笑顔!
体はちょっと固まってますけどね。笑
かなり嬉しかったようで、子供たちの行列ができている順番を待って、
2回も乗っちゃいました。

フィレンツェでよく行く農協のようなスーパーに、馬やヤギ、牛などの
動物がいて、良くにんじんを持って出掛けたり、
お隣さんもヤギを飼っていて家の残りもののパンなどをあげに行っているので、
動物には馴れているみたい。
でも馬って特に人の心を癒すような優しい目と、触った時の何ともいえない
暖かい感触がありますよね。こちらの気持ちが暖かくなるような。
だからサラも小さい時から馬には特に愛着があるような感じでした。
この代々木ポニー公園でも障害児への乗馬セラピーを行っているそうです。
ポニーの澄んだ瞳や愛らしいしぐさをながめるだけでも、
精神的なリラックスを得ることができるんでしょうね。

サラはず〜っと前から大きくなったらお馬さんに乗りたいと言っていたので、
この日は念願かなって大満足でした。

Cimg0815
Cimg0821
Cimg0836_2

その後は明治神宮へお散歩に。
お天気の良い日で、4月の新緑がとても美しく
芝生も青々としていて気持ちよかった。
裸足でかけっこです。

Cimg0838_2

Cimg0847
Cimg0853
Cimg0866
Cimg0839

私が保育園に通っていた頃、ここで運動会をしていたんですって。
全然覚えていないんですけどね。
こんなところでみんなでお弁当を持って運動会って、楽しいだろうな〜。
もう今はしないんだそうです。残念

この後のんびり原宿までお散歩をしてクレープを食べに行く予定だったのですが
じいじのお仕事電話が入り、急遽伊豆の家へ出発しなければならず
支度のために慌てて家に帰ったのでした。
でも原宿お散歩はなくなって良かったかも。
車に戻るまでサラは眠くなって「抱っこ〜!」と号泣。
原宿から抱っこだったら、腕折れてましたね。笑

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年5月28日 (木)

天空の遊び場 ー六本木ヒルズー

ゴールデンウィーク中、サラと私の二人だけで東京のお家に滞在でした。
本当はお友達に会ったりする予定だったのですが、
都合がつかなくなりキャンセルに。
サラを色々なところに連れて行ってあげたいなとも思ったのですが、
バギーもなしで、電車に乗って出掛けて途中で眠くなられたら嫌だな〜と
躊躇したりしていたのです。
そんな折り、埼玉に住んでいる妹家族が来てくれ、
数日一緒に過ごしてくれることになりました。

妹情報でゴールデンウィーク期間中、ボーネルンド社主催の子供の遊び場が
六本木ヒルズにできるということで行ってみることに。
今年のゴールデンウィークは最長16日間という長いお休み。
土日祭日は高速道路がどこまで乗っても1000円という割引をしたのもあって
遠出をする人が多かったようです。
都内の道はガラガラ。こういう時車を走らせるのって気持ちがよいですよね。

実は私六本木ヒルズを訪れるのはこれが初めて。
すっかりフィレンツェの田舎から出てきたおばちゃん気分で、
高いビルを「は〜っ」とため息まじりに見上げてしまいました。笑
美しぃ〜!!

さっそくお目当ての展望広場52階へ。
このエレベーター、イタリア人が乗ったらどんなに驚くだろう。
義母は写真を見せて「ここビルの52階なの」と言っただけで
気絶しそうになってましたから。怖いって。

展望広場への入場ということで、入るのに1500円もとられて
ちょっとビックリでしたが、広場いっぱいにいろんなブースの遊び場が
設けられていて、一日中遊べたのでよしとしましょう。
展望室の入場料だけでこの値段って、ちょっと高い気がする。

さて、遊び場を見つけてサラは早速ダッシュ!
でもちゃんと靴脱いでね〜、ここは日本です。

Dsc_0336
ママもおいで〜!

Dsc_0342
この魚釣りゲーム、ずーっとしたくって待っていたのだけど
先に遊んでいたお友達がなかなか終わってくれなくって
モジモジして代わってと言い出せなかったサラ。
やっと気がついてくれてそのお友達が釣り竿を渡してくれたときは
満面の笑みでした。

Dsc_0345
お目めに磁石がついていて釣り竿の先の磁石とくっつけて引き上げるのだけど
これが結構難しい。 集中力!

Dsc_0356
こちらは大工さんごっこ。
おうちの壁にネジを回して込んで何かを取り付けたり
フックをつけたり。
いつもは飽きっぽいサラですが、手先を動かすことは好きみたい。

Dsc_0346_2

Dsc_0347
大好きなタカ(妹の旦那、サラのおじです)が一緒だったからなおさら。
彼は子供を遊ばせるのがとっても上手で、この日もずっと
子守りをお願いしちゃいました。

Dsc_0363
これは磁石になったいろいろな色のカードを
ボードに貼って絵を描くというもの。
大きいところに自由に描けるところがいいですね。
家庭ではこんなに大きなものはできないし、
これだけの数のカードを揃えるのは無理ですから。

Dsc_0358

Dsc_0361
一歳になったばかり、つかまり立ちを初めて間もないいとこのまひろちゃんも
ボードに寄りかかりながら一生懸命ペタペタしていました。
たくさんの色が目を引いたのかな。
かなり集中していましたよ。

Dsc_0368
となりのお姉さんにもどうぞ!

Dsc_0378
次はこちら。「パジービッツ」という3Dモザイクパズル。
指でつまんで曲がる程柔らかい六角形のピースを平面にも立体的にも作れる
パズルのようなブロックあそびです。
これは結構難しい。はめ込むのにちょっとコツがいるので
大人の私でも最初は「わかんな〜い!」とお手上げ状態でしたが、
Dsc_0375

Dsc_0371_2
サラはこれも結構集中していたなぁ。
誰かが作っていったものをはずして楽しんでいたんだっけ?

Dsc_0383
こちらも大きなボードに小さなマスがあって
そこに色のついたシールを貼っていって絵にするというもの。
子供はシールが大好きです。

そして、最後はこれ
Dsc_0385

Dsc_0393

写真ではわかりにくいですが、大きな浮き輪のようなビニール製の遊具の中に入って、外から係のお姉さんがグルグル回転させてころがっていくものです。
これはさすがにちょっと顔が引きつっていたビビラーのサラでした。笑

たくさん遊んだらお腹ペコペコ。気がついたらもうお昼の2時近くでした。
なので、同じ階にある展望レストランへ。
ちょっと待たされちゃったのですが、サラがスパゲティーが食べたいと言っていてちょうどここはイタリアンだったし、もうこの時間で外へ出て捜すのも面倒だし、それになんといっても総ガラス張りの窓から見える景色を眺めながらのお食事って東京にいるってい感じがして素敵!なんて田舎者の私は思ったのでした。
待った甲斐あって通された席は窓際。
東京を一望できるすごい眺めなのですが、東京の景色は夜景のほうがきれいかなというのが率直な感想です。
町並みは断然フィレンツェのほうがきれい。
それに田舎生活にどっぷりハマっている私には、緑が見えないと息が詰まりそう。

Dsc_0421
ママ〜、ちーさい車が走ってるよ〜!

Dsc_0412
お待ちかね、初のお子様ランチ。
実はこの写真の前にひと騒動あったのです。
スパゲティーが食べたいと言っていたサラの前に来たのはペンネでした。
お子様ランチが運ばれてきた瞬間に「ペンネはヤダ〜、スパゲッティがいい〜!」とレストラン中に響き渡る大声で号泣。
何とかなだめすかして、食べてもらいましたが。
食べてしまえば一緒なんですよね。味は。だから食べ始めたらおいしいとおかわりする勢いだったのですが、一応イタリア人なもんで、パスタにはうるさい。
こだわりがあるようです。
イタリアだったらソースだけ指定すればパスタは別のものに応用可能なんですが、ここは日本なので、そういう細かい対応は×、ですよね。

初めは怖がっていた窓際からの眺め、恐る恐る外を見ていました。
Dsc_0424
落っこちそうで怖いよ〜。でも興味津々Dsc_0429
慣れちゃえば大丈夫。
ここがママの生まれた街、東京よ〜。

は〜、ママは昔この街を我が物顔で自転車で走り回っていたのよ〜。
でもこの日は窓の外の景色を見てちょっとため息。
「は〜、もうこの街にはとても暮らせそうにない気がする。
人が、建物が多すぎるよ〜。」
すっかりお上りさん気分でした。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

お花見

Dsc_1391

4月1日。日本へ着くと、東京はちょうどお花見のシーズンに入った頃でした。

心配していた長旅もサラはとてもおりこうさんにしてくれて、
バギーを持っていくのを忘れてしまったのでローマでの乗り換え
(これが果てしなく長く歩く距離なのです)で寝ちゃったらどうしようとか、
去年みたいに時差ボケが取れなくて2週間も昼夜逆転の生活だったら
どうしようと思ったりしたのですが、ローマではしっかり歩いてくれたし、
フライト中もとても良い子にしていてくれて、
時差ボケも全くありませんでした。
飛行機の中でタップリ寝たのに、家に着いてから少し興奮はしていたものの、
またぐっすり。結局次の日のお昼まで爆睡でした。
それですっかり旅の疲れをとったようで、元気いっぱい。
去年は環境の変化に順応できなかったのか、私にべったりだったのに、
今回は私なんていなくても大丈夫なくらい、じいじ、ばあばや
おじちゃんおばちゃんたちにすぐなついて、楽しく遊んでいました。

そんなんで、到着次の日から元気いっぱいだったので、
早速家族で新宿御苑へお弁当を持ってお花見に。

Dscf4624
少し風がありましたが、お天気が良く、気持ちの良い日でした。
御苑の桜はまだ八部咲きといったところでしたが、
私はもう何年もお花見をしていなかったので嬉しかったぁ。
今回日本への帰国を、予定していた夏休みから早めたのは、
このお花見もしたかったから。
サラが小学校にあがってからは、もうこの時期に日本に帰れることは
なくなってしまうと思うので。。。

サラにもこのきれいな桜を見せてあげたかったのですが、本人は。。。
こっちのほうが良いみたい。

Dscf4629
おもしろい形の松の木を見つけて早速木登り。
運動神経は鈍いほうで、ビビりちゃんなので、高いところとかとても怖がるのですが、
最近やっとこういうことにも喜んでチャレンジしてくれるようになりました。

その後も上野動物園で満開の桜、伊豆の家にいた時は伊豆高原の桜並木、
毎日のように通っていた露天風呂で、
海が一望できる温泉につかりながら眺める桜、

Dsc_1355_3 Dsc_1386_2

サラの幼稚園の園庭にもたくさんの桜の木があったし、

Dsc_0120_2 Dsc_0124_2

幼稚園までの道は桜の花びらが舞い散ってサラは
「花びらの雨」と言って喜んでいました。
と、かなり長い間お花見を楽しませてもらいました。

やっぱり日本は四季があって、季節の移り変わりを目で心で楽しめる
美しい国だなぁ、と改めで実感しました。

近年は地球温暖化や環境破壊で、こういう本来ある自然の美しさが
失われかけていますね。
このままではいつか「あ〜、持ちの良い春が来たな」と全身で感じられることが
なくなってしまうのかもしれない。
そうならないためにも、この美しい地球を守っていく努力を
皆がしないといけませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

ただいま!

1ヶ月半の日本滞在から戻ってきました。涙!

まだサラも私も時差ボケで朝4時、5時に目が覚めてしまい、
午後はフラフラ〜。
でもサラは今日から張り切ってまたイタリアの幼稚園に戻りました。
教室に着くと、こどもたちみんなに取り囲まれて
「サラ〜!!」と呼ばれて大歓迎。
ちょっぴり引き気味だったサラですが、やっぱり嬉しかったみたい。
帰ってきたら今日お友達としたことを楽しそうに話してくれました。
大好きなクラスメイトのデボラやレオも変わらず接してくれたようで、
ホッとしました。

バッボに会えなかった1ヶ月半を埋めるがごとく、
二人はず〜っと離れず、熱々!笑
ジャンニも今までになくサラとたくさん遊んでくれて、
お風呂もいつも一緒、寝るのもバッボと。
「バッボ大好き〜!」「サラ大好き〜」と四六時中言い合ってます。
ラブラブ。笑
私はこのほうが楽なので、ずっと続いてくれるといいな〜、
と思っているのですが。。。

日本滞在中はじいじ、ばあばや叔父伯母たちに色々なところに
連れて行ってもらって、楽しい思い出がたくさんできました。
そのお話はこれからゆっくりアップしていきます。

それにしても、イタリア暑いですね〜。
こんなに暑いとは、想像していませんでした。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)