« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

くつ洗うぞー!

なぜか思い立って急に靴を洗い始めたサラ。
真剣な顔でゴシゴシ!!
Dsc_0919

もちろん途中から「ママやって〜!」だったんですけどね。
やる気があったことだけは認めましょう。

Dsc_0922

もうそろそろサンダルともお別れの季節。
おつかれさま〜。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月)

夏休みの思い出 レオと海

今年の夏休みはいろんなお友達と遊びました。

夏休み前半にサラの幼稚園のクラスメイト、レオ君と行った
Marina di Bibboneの海での写真です。

Dsc_3888

Dsc_3901

Dsc_3892

Dsc_3907

Dsc_3916

 

レオはサラよりほぼ一歳年上のおにいちゃん。
でもちょっぴり甘えん坊で、優しい男の子です。

レオのママとは私もとても気が合い、家もご近所なので
(といっても徒歩では行けませんが。。。)家族でよく行き来しています。

レオのお家でプールをしたりお砂場で遊んだり。
3ヘクタールもの敷地にたくさんの動物や木々、池もある彼の家は
子供たちの格好の遊び場です。

Dsc_0394

Dsc_0391

Dsc_3639

Dsc_3643

夏休み後半しばらくレオと会っていなかったサラですが、久しぶりに幼稚園で再開して嬉しかったようで、今日幼稚園から戻ってきてから私が倉庫に食料をとりに入ると自分も入ってきて、こっそり私に「マンマ、サラね、レオケンと結婚してるんだけど。。。でもレオがいいなぁ。。。」だって。

女心と秋の空。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

ぶどう狩り

お庭のぶどう、今年はたくさん実がつきました。

Dsc_1058
Dsc_1060

食べてばっかりいないで、穫るの手伝ってよ〜。

Dsc_1064
Dsc_1067

私、またジャム作りです。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

お友達の結婚式にて

Dsc_1208

「明日はMさんの結婚式でフィレンツェに行くんだよ」
「違うよママ、サラとレオケンの結婚式でしょ。
サラとレオケンはまだ結婚式してないもん!」
。。。。。。。。
母、言葉に詰まりました。

Dsc_1219

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

夏休みの思い出 レオケンが泊まりにきたよ。

山のお家で「結婚宣言」をしたサラとレオケン君。
サラはそれから「レオケンと一緒に寝るんだ〜!」と呪文のように唱えていて、
で、二人の希望を叶えてあげることにしました。
レオケン君、初のお泊まりです。

もうサラは頭がおかしくなっちゃったんじゃない?と思えるくらいのはしゃぎぶり。家中を走り回って奇声をあげていました。

二人で一緒にお風呂に入って。

Dsc_0789

歯磨きも一緒

Dsc_0793


で、レオケン君はというと、楽しそうにしてはいるものの、何となくどこかに
「がんばってる」という感じが私にはして、少し落ち着かない様子。

Dsc_0795
サラのこの嬉しそうな顔。
まるで新婚夫婦ですね。笑

ここまでは良かったんです。
が、「おやすみ〜」と電気を消した途端「ママ〜!!」と泣き出してしまった
レオケン君。
とってもしっかりしていてがんばりやのレオケン君ですが、
やっぱりまだ3歳だものね。これは当然の反応でした。
ちょっと早すぎたね。

ジャンニがレオケンバッボに電話をして事情を説明すると
血相を変えて飛んできたレオケンバッボ。
バッボもまだ心の準備ができていなかったみたい。笑

レオケン君がお家に帰るとわかると、今度はサラが「サラがレオケンの家に
泊まりにいく〜」と泣き叫び。
そんなことしてたらお互いの両親が一晩中行ったり来たりになっちゃうよ〜、
勘弁して〜、となだめるのに一苦労でした。

もう少し大きくなったら、またお泊まりしようね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

夏休みの思い出 ソフィーと海

 

Dsc_0825_2
夏休み中日本へ行っていたり、その後家族でニューヨークへ行ったりと
なかなか一緒に遊べなかったkumix親子。
8月終わり、それぞれのバッボがお仕事へ戻ってからやっと、
二週に渡り親子で海を楽しむことができました。

まず私たちがよく行く海Rio Tortoへ。
日帰りだとちょっときついけれど、その分海はきれいだし、白い砂浜で
子供たちを遊ばせるのには持ってこい。
8月も下旬になり、ビーチも今まで程混雑していないし、心地良い風が吹いて
ビーチでのんびりするには最高のお天気でした。

この日は少し波があったけれど、逆にこのくらい波があったほうが楽しい。
波打ち際で子供たちは大はしゃぎ。

Dsc_0845 Dsc_0846

ランチは持ち寄りでおにぎりやサンドイッチ。
海で食べるご飯は格別です。

Dsc_0805 Dsc_0806

ママたちにとってはこれこれ!!

Dsc_0804

この二人はなんだかいっつもおしゃべりしながら
ゲラゲラ笑ってて、まるで私たちみたい。
女の子同士ってこうなのかしら?

Dsc_0850

二人とも、クタクタになるまで水と土と戯れて遊んでいました。

Dsc_0815_2

Dsc_0822

「帰りたくなーい!」と腰を上げさせるのが大変だったので
アイスクリームでおびき寄せ。作戦成功。

Dsc_0854

帰りの車では、二人とも乗せた瞬間にバタンキューでした。

そして次の週はTirreniaの海へ。

この日は数日前から風が強く、気温も少し下がってきていたので
海水浴というより、海辺をお散歩したり砂で遊んだりをする気分で
近場へ出かけることにしました。
どこへ行くとも決めず、行き当たりばったりで着いたTirreniaのビーチ。
意外にも海水浴客はまだたくさんいて、みんな水着で日光浴。
日差しは強く、海の水もきれいで、海には入らないだろうと思っていたので
水着を持っていかなかった私はちょっぴり後悔でした。
サラの水着はとりあえずで持って行っていたのですが、
サラ、海を見た瞬間に着替えてさっさと水の中へドボン。
水は結構冷たかったんですけどね。

Dsc_1072

お昼を食べ終わった頃から雲が出てきて、風も強く
とても水着では寒いだろうとTシャツとショートパンツに着替えさせたのですが
その格好のまままた海へジャブン!
もう一度着替えさせましたが、またしてもびしょびしょ。
「いい加減にしなさい!」と怒鳴りつけて水から引き上げました。。。

Dsc_1088

Dsc_1101

風でスカーフがびゅんびゅん。
これ、二人ともかなりハマってしばらく笑い転げて遊んでいました。
こういう何でもないことで思いっきり楽しめる子供たち。なんだか羨ましい。

今回も「帰りたくない!」の言葉にとっさの思いつきで
「ソフィーにうちに寄ってもらって、二人で一緒にお風呂に
入ったらいいじゃない」で「ヤッター!」。
今回も作戦成功。
この言葉が効いたのか、この日は帰りの車の中で全く寝なかった二人。
ずっとおしゃべりしていました。
やっぱり女の子同士なんだわ。

Dsc_1107

楽しい夏休みの思い出ができたね。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2009年9月14日 (月)

新学期

今日から幼稚園の新学期が始まりです。
やっと! 長かった〜!! 涙

もうずいぶん前から「サラいつ幼稚園行くの?」と毎日にように私に聞いていたので、幼稚園に行くのはとても楽しみにしていたようです。

最近なんだか「赤ちゃん帰り」のようなことをするサラ。
赤ちゃん言葉でしゃべったり、ご飯食べさせて〜と言ったり、
お洋服自分で着れないと言ったり。
なぜなんだろう。。。
ここ数日は私もこの態度に疲れていて、昨日は「ちゃんと自分で出来ないんだったら幼稚園行けないよ!!」と怒鳴りつけて、ジャンニも交えて大げんかしてしまいました。

でも今朝は自分で起きてきて、さっさと顔と手を洗って着替えもして、
とてもおりこうさん。
「今日から学校に行く=お姉さん」という意識があるのかしら?

母親の私といえば、夏休み中に新学期用に新しいスモッグとリュックサックを
作ってあげようと生地も買っていたのに、結局忙しさにかまけて
全く手を付けず仕舞。
今朝は起きてから「あ、おやつ買っておくの忘れた〜!」
「お着替えセット作っておくの忘れた〜!」と大慌て。
おまけに昨日とは打って変わって、寒いくらいの気候で、
何を着せたら良いやら迷いに迷い、チグハグな格好をさせてしまいました。
結局スモッグもなしのまま、リュックサックも忘れて、
着の身着のままで娘を送っただらしのない母です。。。。

今日は12時まで、もちろん始業式なんてものもありません。
クラスの中には泣いている子も数人いましたが、サラは何の問題もなく
楽しくお教室に入っていきました。

お迎えに行って、車の中で「何やったの?」と聞くと、いつもの通り
「デボラ(クラスの仲良し)とお絵描き」と、それまでと全く変わらない返答。
やっぱりね。今までと同じ日々が繰り返されるだけだわ。。。
残念ながら、やる気のないおばさん先生はそのまま残って前と同じ。
若くて優しくて人気のあった先生は変わってしまいました。
この幼稚園にはもう諦めるしかないようですが、サラがお友達と楽しく遊んでいるのでよしとするしかなさそうです。
というか、他に選択の余地はないのですが。

幼稚園から戻ると、いつもとは違い私の言うことを聞いてすぐに手荒いとうがいをして(いつもはこれをやるのにすごく時間がかかるのですが)、すぐにテーブルについたサラ。
今日のランチは残りもの整理で イワシのフライ、かぼちゃの煮付け、
ほうれん草ソテー、茹でたじゃがいもとインゲン、白インゲン豆のサラダ、
豆腐とわかめのお味噌汁、ご飯、というメニューだったのですが、
ものすごい食欲!
全てのおかず(量も私より多い)を残さず食べ、ご飯山盛り一杯、お味噌汁たっぷり二杯、そして食後に洋梨半分も食べて、とにかくビックリしました。
今日は雨だったからお外遊びはしていないし、何でそんなにお腹が空いていたんだろう?やっぱり緊張していたのかしら?

その後もおとなしく、少しだけテレビを見てすぐ寝てしまいました。
幼稚園に行くという、何となく「しっかりしなきゃ」というような自覚が湧くのか?
良い意味での環境の変化だったのかな?
このままお姉さんしてくれるといいのですが。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏休みの思い出 レオケンと山の家

Dsc_0613

海から戻った二日後は、また別のお友達のセカンドハウスがある
山の家STIAVOLAへ行ってきました。

このお宅にはほぼ毎年、一、二回はお世話になっているのですが、
ほとんど手入れをしていない+持ち主家族の性格からか全くと言って良いほど
掃除のされていないあばら屋に近い家で。。。
その分田舎の山小屋気分は十分に味わえるのですが。。。
今回もお誘いはいただいたものの、あまり気は進まなかったのですが、
サラが大大大好きなレオケン君家族も一緒ということで、
じゃあサラが喜ぶだろうと行くことにしました。

この週フィレンツェでは猛暑、酷暑!毎日40℃近い暑さが続いていたのですが
こちらは標高800メートル。さすがに昼間は日差しが強く、
ジリジリと照りつける太陽に肌を焼かれる程でしたが、
日が暮れるとグッと涼しくなり、夜は寒いくらい。
空気も澄んでいて、景色も美しく、自然を満喫することができます。

サラはとにもかくにも、大好きなレオケン君と一緒にいれることが嬉しくて
たまらないという感じで、はしゃぎっぱなし。
この日二人は両家の親の前で結婚宣言をしたのでした。
ジャンニが「Come pensi de mantenere la mia figlia (どうやってうちの娘を養うつもりだ)」とレオケン君に真顔で聞いて、キョトンとしていたレオケン君、
その後はみんなで大爆笑でした。

Dsc_0704

新婚のお二人。 愛をささやきあう。。。? 笑

ここでは木陰で本を読んだり、暑い昼間は昼寝をしたり、テレビの音もなく、
近隣の騒音もなく、ただただのんびり、静かに過ごすことができました。
これぞヴァカンス。
私は海よりどちらかと言うとこういう山でのヴァカンスのほうが好きです。

子供たち二人はいつも一緒に二人で遊んでいてくれるので、
親たちはゆっくりおしゃべりが出来ます。
この二人はほとんど喧嘩をしないんですよね。
物の取り合いとかもあまりないし。
レオケン君は優しいから、すでにサラの尻に敷かれているのかも。。。汗

Dsc_0707
Dsc_0709

近くの川で水遊び。水がとっても冷たくて、足を入れているだけで冷え冷え。
でも子供たちは平気でジャブジャブ。泳いでます。

Dsc_0643
Dsc_0620

夜にshinomaiちゃんが部屋に入ってきたバッタをつぶしてしまい、
そこから細長い寄生虫がにょろにょろとたくさん出てきて、みんなで
ギャーギャー大騒ぎ、という田舎らしいハプニングもあったり、
楽しかったな〜。

二泊だけだったけれど、ずいぶんゆっくりできたような気がします。
やはりテレビの音も周りを走る車の音もないって、心が休まる感じ。
来年は山中心のヴァカンスにしたいな、と思いました。

Dsc_0658 Dsc_0664
Dsc_0685 Dsc_0690

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

夏休みの思い出 Rio Tortoの海

Dsc_0571

今年の夏は結局どこへも予約を入れず、日帰りで海や動物園に行ったり、
1泊や2泊の小さなヴァカンスを楽しみました。

ジャンニが夏休みに入った初日、毎年行くSan Cascianoのプールへ行き、
ここでサラは初めて一人で(といっても腕につける浮き輪をつけて)
泳ぐことができるようになりました。
それまではこの浮き輪をつけていても、怖がって絶対に私やジャン二に
しがみつき、大丈夫だよと手を離そうとしてもギャーギャー騒いで絶対に
手を離そうとしなかったのですが、その日は今年初めてのプールで、
やっと足がつくようになった子供プール。
それで少し安心したようで、ジャンニの指導もうまく、
アッという間に一人で浮けるようになりました。
それが出来るとわかった瞬間から、もう我が物顔。
「マンマはプールに入らないで〜!!サラ一人で泳げるから〜!!」
と私を阻止し、一人泳ぎを楽しむまでに。
飛び込みもお手の物。立ちジャンプで飛び込むのが楽しくて楽しくて、
その日は結局一日中プールの中にいました。

そんなわけで、水にもすっかり慣れたサラ。
次の日はお友達のいるトスカーナの南、Rio Tortoの海へ1泊2日で
お邪魔することに。
ここはサラサラの砂浜のビーチで、遠浅で波も少なく、
ビギナーサラにはピッタリ。
海につくと早速水着に着替えて、このキティちゃんの浮き輪を腕にはめ、
海に向かって飛び込んでいったサラ。

Dsc_0560

波が来たら顔を岸側に向けるという技も覚え、もう全然怖くありません。
こういう時が一番危ないので、親はそっと、そしてちゃんと監視をして
いなくては、ですね。

Dsc_0554

ここではお友達二家族と合流しました。
サラはいつも海へ行くと「お友達と遊びたい」とまずビーチでお友達を作る
ことから始めるのですが、今回はすでに知っているお友達がいて楽しさも倍。
やはり、子供は子供同士が一番楽しいのですよね。

Dsc_0544
Dsc_0581

今年の夏休みはその後もお友達のいるところばかりを狙って遊びにいきました。

Dsc_0552

実はこの前日も別の海へ行ったんです。日帰りで。
ジャンニは「全然日帰りできるね〜、どこかにロングステイするより
気が楽でいい」なんて言っていましたが、私はこの後も毎日のように
戻って来てはすぐに洗濯、荷物の整理と次の日の準備、冷蔵庫の様子などを
考えたりで大変。
主婦は見えないところでヴァカンス中もたくさん働いてるんですよ〜、
お父さん!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

サラ 映画館デビュー!!

先週末、サラは初めて映画館で映画を見ました。
ご近所友達のサムエレ君家族からのお誘いの電話で、ジャンニは
「真っ暗な映画館の中、大音響の映画って怖がらないかなぁ〜」と
一瞬戸惑ったのですが、お友達が一緒なら大丈夫だろうと行くことに。
実は私たちもサムエレパパママも子供が生まれてから初めての映画館。
なんとほぼ4年ぶり〜。

私たち夫婦は映画は大好きで、サラが生まれる前は映画館にもしょっちゅう、
そして家では衛生放送で毎晩のように見ていたのですが、サラが生まれて
からは私は全く自分の時間がなくなり(なんといっても2人の子供の面倒を
見なければならないのですから。サラと、旦那のことです!)、
家でテレビを見ることもほとんどなくなっていました。

やっと再開できる映画!でも子連れで行く映画鑑賞はやはり「アニメ」。
「アニメ」が全くの苦手なジャンニと私。
出産前に「子供が生まれたら嫌でもアニメを見なければならなくなるんだろうか。。。どうする〜、アニメの映画に連れて行ってなんて言われたら〜。」なんて二人でよく話していたんです。
だから今回の企画もあまり乗り気ではなかったんですけどね。。。

この日観たのは「ERA GLACIALE3」日本語題は「アイス・エイジ3」。
はっきり言って、すごーくおもしろかったです!!
チラッと1と2をテレビで見たことはあったんですけどね、その時もこれは大人が観ても楽しいアニメだなとは思ったのですが、やっぱり映画は映画館!
おもしろさは何倍もアップでした。
内容よりは、それぞれの動物のキャラクターが特徴的で、彼らのギャグがめちゃくちゃおもしろい。私、お腹を抱えて笑ってしまいました。
この映画、普通のタイプと3Dのと2種類あったのですが、
動物がたくさん出てくる、特に今回のは恐竜などの大きい動物が出てくるので、3Dだと子供たちはそれでなくても初めての映画館でビックリしてしまうのではないかと思い、普通のタイプで観たのですが、私としては3Dでもう一度観たいくらい。大人のほうがハマってしまいました。
サラですが、映画館、かなり気に入ったようです。
真剣に見入ってました。
恐竜が出て来るところでは「キャーッ!!」と大声で叫んで大興奮。
音楽がなると一緒に踊ったり、お友達と一緒に笑い転げたり。
とっても気に入ったようでした。
これでこれからの季節、雨が降ったりした時の楽しみが増えました。

でもやっぱり「シンデレラ」とか「クマのプーさん」とかのアニメはやめてほしい。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »