« お花見 | トップページ | おうまさんに乗ったよ〜! »

2009年5月28日 (木)

天空の遊び場 ー六本木ヒルズー

ゴールデンウィーク中、サラと私の二人だけで東京のお家に滞在でした。
本当はお友達に会ったりする予定だったのですが、
都合がつかなくなりキャンセルに。
サラを色々なところに連れて行ってあげたいなとも思ったのですが、
バギーもなしで、電車に乗って出掛けて途中で眠くなられたら嫌だな〜と
躊躇したりしていたのです。
そんな折り、埼玉に住んでいる妹家族が来てくれ、
数日一緒に過ごしてくれることになりました。

妹情報でゴールデンウィーク期間中、ボーネルンド社主催の子供の遊び場が
六本木ヒルズにできるということで行ってみることに。
今年のゴールデンウィークは最長16日間という長いお休み。
土日祭日は高速道路がどこまで乗っても1000円という割引をしたのもあって
遠出をする人が多かったようです。
都内の道はガラガラ。こういう時車を走らせるのって気持ちがよいですよね。

実は私六本木ヒルズを訪れるのはこれが初めて。
すっかりフィレンツェの田舎から出てきたおばちゃん気分で、
高いビルを「は〜っ」とため息まじりに見上げてしまいました。笑
美しぃ〜!!

さっそくお目当ての展望広場52階へ。
このエレベーター、イタリア人が乗ったらどんなに驚くだろう。
義母は写真を見せて「ここビルの52階なの」と言っただけで
気絶しそうになってましたから。怖いって。

展望広場への入場ということで、入るのに1500円もとられて
ちょっとビックリでしたが、広場いっぱいにいろんなブースの遊び場が
設けられていて、一日中遊べたのでよしとしましょう。
展望室の入場料だけでこの値段って、ちょっと高い気がする。

さて、遊び場を見つけてサラは早速ダッシュ!
でもちゃんと靴脱いでね〜、ここは日本です。

Dsc_0336
ママもおいで〜!

Dsc_0342
この魚釣りゲーム、ずーっとしたくって待っていたのだけど
先に遊んでいたお友達がなかなか終わってくれなくって
モジモジして代わってと言い出せなかったサラ。
やっと気がついてくれてそのお友達が釣り竿を渡してくれたときは
満面の笑みでした。

Dsc_0345
お目めに磁石がついていて釣り竿の先の磁石とくっつけて引き上げるのだけど
これが結構難しい。 集中力!

Dsc_0356
こちらは大工さんごっこ。
おうちの壁にネジを回して込んで何かを取り付けたり
フックをつけたり。
いつもは飽きっぽいサラですが、手先を動かすことは好きみたい。

Dsc_0346_2

Dsc_0347
大好きなタカ(妹の旦那、サラのおじです)が一緒だったからなおさら。
彼は子供を遊ばせるのがとっても上手で、この日もずっと
子守りをお願いしちゃいました。

Dsc_0363
これは磁石になったいろいろな色のカードを
ボードに貼って絵を描くというもの。
大きいところに自由に描けるところがいいですね。
家庭ではこんなに大きなものはできないし、
これだけの数のカードを揃えるのは無理ですから。

Dsc_0358

Dsc_0361
一歳になったばかり、つかまり立ちを初めて間もないいとこのまひろちゃんも
ボードに寄りかかりながら一生懸命ペタペタしていました。
たくさんの色が目を引いたのかな。
かなり集中していましたよ。

Dsc_0368
となりのお姉さんにもどうぞ!

Dsc_0378
次はこちら。「パジービッツ」という3Dモザイクパズル。
指でつまんで曲がる程柔らかい六角形のピースを平面にも立体的にも作れる
パズルのようなブロックあそびです。
これは結構難しい。はめ込むのにちょっとコツがいるので
大人の私でも最初は「わかんな〜い!」とお手上げ状態でしたが、
Dsc_0375

Dsc_0371_2
サラはこれも結構集中していたなぁ。
誰かが作っていったものをはずして楽しんでいたんだっけ?

Dsc_0383
こちらも大きなボードに小さなマスがあって
そこに色のついたシールを貼っていって絵にするというもの。
子供はシールが大好きです。

そして、最後はこれ
Dsc_0385

Dsc_0393

写真ではわかりにくいですが、大きな浮き輪のようなビニール製の遊具の中に入って、外から係のお姉さんがグルグル回転させてころがっていくものです。
これはさすがにちょっと顔が引きつっていたビビラーのサラでした。笑

たくさん遊んだらお腹ペコペコ。気がついたらもうお昼の2時近くでした。
なので、同じ階にある展望レストランへ。
ちょっと待たされちゃったのですが、サラがスパゲティーが食べたいと言っていてちょうどここはイタリアンだったし、もうこの時間で外へ出て捜すのも面倒だし、それになんといっても総ガラス張りの窓から見える景色を眺めながらのお食事って東京にいるってい感じがして素敵!なんて田舎者の私は思ったのでした。
待った甲斐あって通された席は窓際。
東京を一望できるすごい眺めなのですが、東京の景色は夜景のほうがきれいかなというのが率直な感想です。
町並みは断然フィレンツェのほうがきれい。
それに田舎生活にどっぷりハマっている私には、緑が見えないと息が詰まりそう。

Dsc_0421
ママ〜、ちーさい車が走ってるよ〜!

Dsc_0412
お待ちかね、初のお子様ランチ。
実はこの写真の前にひと騒動あったのです。
スパゲティーが食べたいと言っていたサラの前に来たのはペンネでした。
お子様ランチが運ばれてきた瞬間に「ペンネはヤダ〜、スパゲッティがいい〜!」とレストラン中に響き渡る大声で号泣。
何とかなだめすかして、食べてもらいましたが。
食べてしまえば一緒なんですよね。味は。だから食べ始めたらおいしいとおかわりする勢いだったのですが、一応イタリア人なもんで、パスタにはうるさい。
こだわりがあるようです。
イタリアだったらソースだけ指定すればパスタは別のものに応用可能なんですが、ここは日本なので、そういう細かい対応は×、ですよね。

初めは怖がっていた窓際からの眺め、恐る恐る外を見ていました。
Dsc_0424
落っこちそうで怖いよ〜。でも興味津々Dsc_0429
慣れちゃえば大丈夫。
ここがママの生まれた街、東京よ〜。

は〜、ママは昔この街を我が物顔で自転車で走り回っていたのよ〜。
でもこの日は窓の外の景色を見てちょっとため息。
「は〜、もうこの街にはとても暮らせそうにない気がする。
人が、建物が多すぎるよ〜。」
すっかりお上りさん気分でした。

 

|

« お花見 | トップページ | おうまさんに乗ったよ〜! »

日本 2009」カテゴリの記事

コメント

ど田舎に慣れきった私にも、この眺めは・・・何だか別世界だわ。一応大学時代は東京にいたけど、六本木自体にさえ言った事ないよ。でも楽しそうな空間~!こういうの、イタリアにはないよね。そしておじさん(妹さんのダンナさん)本当に子供の相手が上手そう♪うちの姉のダンナみたい、やっぱ子供は相手してくれる大人に敏感だものね。
分ってると思うけど、まだ生まれてないよ~(爆)

投稿: くみこ | 2009年5月30日 (土) 17時15分

こんばんは。子供の遊び場がそんなに高いなんて!なんだか感覚がおかしくなってしまいますね。でも楽しそうなブースがいっぱい!小さな子も一緒に遊べていいですね。
サラちゃんのパスタのこだわり、さすがイタリアーナ!周りの人はビックリだったのでは?!
イタリアに住んでいると、超高層ビルなんて夢のような世界ですね。私は今はまだ「ここは何もなくてつまらない!」なんて思ったりもしますけど、そのうち「東京なんて、もう無理!」って思うようになるんだろうな・・・

投稿: momo_capricci | 2009年5月31日 (日) 23時03分

*****くみこさん*****
そう、まさしく別世界。イタリア人見たらビックリすると思うわ。
でも、こういうのもアリよね。
イタリアでは子供の遊び場ってすごく限られてるからね。

妹の旦那は若いのにすごーく気がつく人で、子供の相手もとっても上手。
ほとんどまかせっきりだったわ〜。
彼は家のことも良くやる人で、ほんとにすごいんだ。
あ、また愚痴ってる?

そろそろですか〜?

投稿: momo | 2009年6月 4日 (木) 21時55分

*****capricciさん*****
日本の子供の遊び場ってすごいですね。みんなが遊べるように、良くできています。
こっちのspazio giochiとかって、、大概プラスチックのおままごとセットとか車とかのよくあるおもちゃ系とぬいぐるみとか?あってゴム製のジャングルジムとか、ですよね。
日本では幼稚園でも感覚を育てるような遊びとか、知育おもちゃとか扱ってて、さすがだなと思いました。
イタリアは教育に関する母親たちの、政府の、意識が低い気がするのは私だけでしょうか。。。

私も最初の頃は「フィレンツェ田舎過ぎ〜!とか、物がなさ過ぎ〜!不便!」とか思っていましたが、すっかり慣れてしまったようです。
物に溢れかえった東京の街をみると、頭いたくなっちゃうんですよ。笑

投稿: momo | 2009年6月 4日 (木) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423440/29808635

この記事へのトラックバック一覧です: 天空の遊び場 ー六本木ヒルズー:

« お花見 | トップページ | おうまさんに乗ったよ〜! »