« さよなら flùflù | トップページ | カーニバル衣装作成 »

2009年2月11日 (水)

マロン・リコッタ・チーズケーキ

皆さんからの暖かい励ましのメッセージ、ありがとうございました。
未だにメソメソな私ですが、皆さんからのメーッセージにかなり癒されました。

あれからフルフルをお庭に埋葬してあげ、
やっと何となく踏ん切りが付いたような気分です。
それまでは庭のほうから首輪のチリチリと言う鈴の音が聞こえるのではと、
無意識に捜していたようなところがあったので。

以前お話ししたように、この近所でたくさんの猫が毒入りペットフードを
食べて死んでしまうという事件があったことで、実は近所の人から
「もしかしたらフルフルもそれを食べてフラフラしているところを
車にはねられてしまったのでは」と言われました。
確かに車はすごく怖がっていたところがあったので、車の音には敏感に
反応していたし、車の通るところに出て行こうとはしていなかったので。
ひどい形で可愛がっていた猫を亡くしてしまったみんなは、
遺体を解剖に出して、その結果とともに警察に通報していました。
もちろん、こういうことをするのは罰せられるべきことですし、
人間にも害を及ぼす可能性がある程の猛毒ということで、警察も多少は動いて
いるらしいのですが、やはり被害が猫なだけに捜査にも限界があるようです。
で、近所の人からフルフルも解剖に出したらどうか、毒物が検出されれば
その結果を警察に持って行けば、未だに被害があるということで
警察がもっと動いてくれるかもしれない、と勧められたのですが。。。
解剖に出すと、もう体は戻ってこないのです。
私自身は宗教もありませんし、死んだ後の体は何も残らない、残るのは残された
人の心の中だけと思っているので、どこにどう埋葬されたとか、どれだけお金を
かけたとか、そういうことは全く意味がないことだと思っています。
実際私の体のあちこちもドナーとして登録していますし、息をしなくなった体が
誰かの役に立てるのであればそれが一番良いことだと思っているのですが、
今回の件に関しては、なんだかあまりにも突然で。サラともとても仲良く
していたので、本当に家族を失ったような気持ちで、現実だと思えなかった程。
で、すごく悩んで考えて、やはり自分の手で土をかけて埋めてあげたい、
と思いました。
お庭の玄関の脇に汗だくになって穴を掘って埋めてあげて、やっと
「あぁ、本当にいなくなってしまったんだな」という実感が湧いたような。。。

サラは毎日「マンマ、フルフルどこ行っちゃったの?」と私に聞いてきて
いたのですが、先日突然「マンマ、サラね、フルフルがいなくなって寂しいけど、
でもフルフルは大きくなったから、もう赤ちゃんじゃないから、
だからお友達と行っちゃったんだよね。」と納得するように言っていました。
それからはフルフルどこ?とは聞いてきません。

そんなこんなでちょっとブルーだった私。
ずっとお天気も悪くて気分が晴れなかったので久しぶりにケーキを焼きました。

マロン・リコッタ・チーズケーキ
Dsc_3095

栗の粉とリコッタチーズを使ったチーズケーキです。
いつも思うのですが、私のお菓子って見た目がひどい。。。
写真撮っても絵にならないのばかり。でも味は抜群なんだけどな。。。
これは今後の課題です。

ほんのり栗の香りがする軽めのチーズケーキ。
すごくおいしくて、普段甘いものを食べないジャンニにも珍しく好評でした。
相変わらず、サラはべーでしたが。

早くお天気になって欲しい。。。


|

« さよなら flùflù | トップページ | カーニバル衣装作成 »

おうちごはん」カテゴリの記事

コメント

momoさん

フルフルちゃんは、本当にかわいらしい猫だったんですね。
突然すぎて、受け入れがたいお気持ちをお察しいたします。
私の飼っている犬は癌らしく、気持ちの準備をしつつ生活をしております。
動物を飼うことでは避けて通れない運命ですが、楽しい日々をくれることに感謝することしかできないです。

気分転換に作ったチーズケーキはとても美味しそうですよ!!作れることが、素晴らしいです。食べたくなるケーキで、作り方を教わりたいぐらいです。

イタリアのアメリア地方についてのお返事、ありがとうございました。
アメリアはローマ市内から車で30分程で、田園風景の素敵なところらしいので、ウンブリア地方の近くかもしれません。
フィレンツェにも行きたいと思っています。

今からイタリアの素敵な場所に行けることを楽しみにしております。

投稿: satoko | 2009年2月12日 (木) 05時30分

*****satokoさん*****
そうですか、ワンちゃん癌なんですね。お気の毒に。
動物は話ができないだけに、病気になったりすると
いたたまれない気持ちですよね。
私も実家で飼っていた猫2匹(親子)がやはり癌で苦しんだので
お気持ちよくわかります。
どうぞ残された時間を一緒に楽しんであげてくださいね。

アメリア地方のこと、お力になれなくってごめんなさい。。。
ローマの近郊なんですね。
フィレンツェにいらっしゃるのでしたら、ぜひ知らせてくださいね。
田舎暮らしでフィレンツェ観光に関して疎いのですが、何かしらお役に立てるかもしれません。
もしかして、お会いできたら尚嬉しいです。

チーズケーキ、おいしそうですかぁ? 汗
料理やお菓子作りは好きで、結構やっているのですが
いつも見た目が。。。
このケーキはこの方のブログで見つけたんです。
http://motoscana.exblog.jp/7058994/
レシピも載っているので、ぜひ試してください。
簡単ですっごくおいしかったです。

投稿: momo | 2009年2月12日 (木) 10時15分

こんばんは。猛毒で動物を無差別に殺すなんて、本当にひどい!
小さなサラちゃんが自分を納得させるように言った一言。切ない反面、子供ってこんなに強い部分も持っているんだなという驚きも感じました。
momoさんも少し落ち着かれたようでよかったです。
マロン・リコッタ・チーズケーキ、実は私も大好きで火曜日に作りました。なのでビックリ!
ブログでこのレシピを見たとき、ちょうど栗の粉が家にあったので早速作りました。美味しくて、もう何度か作ってます。
出産直前に作って入院中おやつに食べた思い出のケーキでもあるんです。見た目とても地味ですけど、すっごく美味しくてお気に入りです!
下にココア生地を敷いたのですか?美味しそうですね。写真もお上手!
私も写真撮ったので(日本でデジイチ手に入れたので練習中です)今度アップするつもりです。

投稿: momo_capricci | 2009年2月13日 (金) 23時24分

*****momoさん*****
子供のほうが立ち直り早いですね。
ま、あまり良くわかったいないというのもあるのでしょうが。
私のほうがメソメソで。。。
でも、あれから一度も聞いてこないんですよ。ちょっとビックリ。

このケーキ、本当においしいですよね。
簡単ですぐにできるから、もう何度もリピしてます。
momoさんも同じ時に作っていたなんてビックリ。
気が合っちゃいましたね。笑
下の生地はクッキーのpan di stelleを砕いて作りました。
このクッキー生地もあまり甘くなくて、チーズと良く合います。

momoさんのケーキも見てみたい。
後でお邪魔しますね。

投稿: momo | 2009年2月18日 (水) 14時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423440/28004658

この記事へのトラックバック一覧です: マロン・リコッタ・チーズケーキ:

« さよなら flùflù | トップページ | カーニバル衣装作成 »