« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月22日 (日)

プール開きとテラス開き

Dscf4450
やっとやっと、イタリアらしい暑さがやってきました。
今年の夏は、いい加減にしてー!と思うくらい遅いスタートでした。
もうとっくのとっくに皆真っ黒に日焼けしているはずなのに
雨ばかりで、水着どころか半袖になるのも寒いくらいの5月、6月。
今世紀最悪だそうです。

やっと暑くなりサラの水疱瘡も大分良くなったので
昨日は夕方からサラが待ちに待っていたプールへ連れて行きました。
我が家のすぐ近くにあるアグリツーリズモ、夏の間併設プールを
宿泊客以外にも一般公開しているのです。しかもタダで。
周りを緑に囲まれた静かな環境で、人も少ないし、とても気持ちのよいところです。
去年買って少し大きかったサラの水着、今年はピッタリです。
家で試着をさせるとフリルが着いているので鏡の前でクルクル回って大喜び。
お昼寝から飛び起きて、水着のまま車に乗って出発!
とっても恐がりのサラ、今年初のプールはきっと始め怖がるだろう
と思っていたのですが着くなり自分で水に飛び込んで行きそうな勢いで
怖がるどころか私の手を引っ張って、早くとせがむくらいでした。
ずいぶん前から「じいじとばあばが来たらプールに行くんだ」
とずっと楽しみにしていたのでもう待ちきれなかったんでしょうね。
去年はこちらも怖がって一度も使わなかった浮き輪。
これも何の躊躇もなく中に入り自分で足を蹴って泳ぎだしました。
満面の笑み。私と二人きりだったので写真は撮れませんでした。。。
私が浮き輪を誘導してあげようとすると「マンマ触らないで!
サラ一人で泳げるんだから!サラはお魚なんだよ!」ですって。
お水から上げるのに一苦労でした。
Dscf4455


そして、今日はこちらも待ちに待った「テラスでのご飯」
このテラス、工事は大分前に終わっていたのですが、大工さんが
ひどい工事をしてその修正に時間がかかりずっと整備が出来ないでいました。
テラスのタイルをトスカーナ地方では有名なインプルネータ
というところの手焼きのタイルを使ったのですが、大工さん
このタイルの特徴を全く知らなかったようです。
このタイルは手焼きな為表面がデゴボコしていて気泡がたくさんあります。
なので一般のタイルのように敷き詰める時にセメントを
上からダーッと流して後でタイルの表面を拭き取るという方法では
タイルの気泡の中にセメントが入り込みすぐに乾いてしまって
取れなくなってしまうのです。
出来上がったテラスはタイルの表面が見えなくなる程セメントが敷き詰められて
それは悲惨な状態でした。
ジャンニがタイルの表面を削りながら掃除をしていく機械をレンタルしてきて
(1日レンタル200ユーロ!)丸一日かけて掃除をしましたがほとんど効果はなく、
その後いろんなところを廻って聞いたところ
これは大工さんに落ち度があるので、大工さんのほうに修正にかかる費用を
請求できること、大工さんも保険で費用をカバーできることを知り
やっとプロの人を呼んできれいにしてもらうことになったのです。
プロの人が1日8時間、丸3日かけてやっと元のタイルの色が見えてきました。
今日の午前中に終わり、ランチの後やっと待ちかねていたガゼボを買いに行き、
夕方ジャンニと汗だくになってやっとガゼボの設置完了。
まだきちんと片付いていませんが、やっとテラスらしくなって
待ちに待ったテラスでの夕ご飯です。
疲れ果てていたので、夕食は即席のパスタと生ハムやチーズの盛り合わせと
簡単なものですませてしまいましたが、待ちに待ったテラスでのビール!
最高でした。
これから毎日ビールが手放せなくなりそうです。
Dsc_0982

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

水疱瘡

Dsc_0938

サラ、水疱瘡にかかってしまいました。

私の記録用に経過をこと細かく書いてしまいますが
読んでくださる方、長ったらしくてごめんなさい。

火曜日の夜にそれまでずっと元気にしていたのに突然発熱。
40度にもなる高熱で一晩中うなされたようにウンウン言いながら
寝返りを打ったり突然泣きながら目を覚ましたりで
うまく眠れなかったようなので、解熱剤の座薬を入れることにしました。
次の朝は微熱程度でケロッとしたように元気になったのですが
また昼過ぎからお熱が上がり、お熱が上がると同時に
全身に蕁麻疹のような湿疹ができました。
サラはアトピー性皮膚炎があるので、熱があったり体が弱ったりしていると
必ず発疹が出るのですが、今回はかなり広範囲でものすごくかゆがったので
一応かかりつけの小児科の先生に診てもらおうと電話をしたのですが
診察時間を過ぎてしまっていたので先生が見つからず。
その後も熱が引かなかったので仕方なく
小児病院の救急窓口へ連れて行くことにしました。

ここでは受付で看護婦さんが簡単に症状を見てお熱があったので
解熱剤を処方され、そのまま待合室で待つように言われたのですが
10人程の子供達が先に待っていて、誰も診察室に呼ばれる気配がないのです。
この救急窓口ではコード赤、緑、黄色、白と4段階にレベルが別れていて
赤から順に急を要する患者さんのレベルになっています。
受付でどのレベルになるか言われるのですが、サラは白。
なので先にもっと早く診てあげなくてはならない子供がたくさんいるのです。
しばらく待ちましたが白レベルの診察室のドアが開く様子は一向になく
聞くとすでに3時間以上も前から待っている人達がいるとのこと。
サラも解熱剤で熱が下がりすっかり元気になってしまって
「お家帰ろう」と言うし、なんだかここに長くいるほうが
病気になりそうだったので、先生に診てもらわずに帰ることにしました。

次の日木曜日、またお熱が出てきたので先生に電話をして
午後の診察で診てもらうとにしました。

やはり発疹は出ていましたが、先生には「うーんこれはアレルギーのせいだね。
喉が炎症を起こしていて胆も下がってきているから抗生物質を処方します。
2、3日で良くなりますよ。」と言われホッとして家に帰ったのですが
いつもの抗ヒスタミン剤(かゆみ止め)を飲ませてもとっても痒がって
やはり夜中に何度も起きていました。

そして金曜日の朝、着替えさせようとパジャマを脱がせると
背中にあった発疹が一つ一つが大きく膨らんで水泡になっているのに気がつき
これはと思い先生に電話をすると「それはまさしく水疱瘡です」って。
少し前からサラの通う保育園で何人か水疱瘡にかかった子がいたので
気になってはいたのですが、アレルギーがあるせいで
気がつくのに時間がかかってしまいました。。。

実はこの日の夜、保育園の1年の締めくくりのお別れパーティがあり
両親揃っての参加で子供たちもこの日のために何か催し物を用意していたようで
サラも私たちもとても楽しみにしていたパーティーがあったのです。
私は前日からパーティー用に肉団子や唐揚げやその他諸々デザートなども
どっさり仕込んでいたので本当に残念。
サラは行きたがっていたのですが、他の子達に移ったら大変ですからね。

それからはあっという間に全身に発疹が広がり
土・日は本当にひどい状態でした。

ブツブツはまさしく頭のてっぺんからつま先まで。
頭、耳の中、目の周り、鼻の中、口の中、手足の指、おしりや足の裏まで。

初めはすごく痒がって、イライラするのか時々奇声を上げて
かんしゃくを起こしたり、夜眠れないようで
何度も泣きながら目を覚ますの繰り返し。

痒みのあとは水泡がつぶれて痛み。
しばらく痒いと痛いが両方で、自分でもどうして良いのかわからないような
感じでグズグズが続いたあとは、一日中痛い痛いと泣いている状態でした。
夜痛くて眠れないので、痛いところを私がやさしくマッサージ
してあげるとしばらくしてすーっと眠りにつくのですが
マッサージを止めると目を覚まし痛い痛いと泣くので
私はほぼ一晩中マッサージをしていました。。。腕が痛い。。。

今日月曜、まだ痛いと時々思い出したように泣いていますが
発疹はもう増えることはないようで、あとは全ての水泡がつぶれて
かさぶたになるのを待つしかないようです。

水疱瘡は小さければ小さいうちにかかったほうが軽いと聞いていましたが
サラの場合はかなり重いのではないかしら?

すごくグズって私から一時も離れず、トイレにも行けない状態だったので
私も時々イライラしてしまったのですが、それだけ体が辛いんでしょうね。
マンマも疲れちゃってイライラして怒ってごめんね。
よくこんな小さな体でがんばってる、って褒めてあげなくちゃね。

もうちょっとの辛抱。がんばれサラ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

週末のお出かけ2

月曜の祝日はお友達家族と一緒にBORGO S.LORENZOへ
トルテッリを食べに行ってきました。
ずいぶん前からずーっと行こう行こうと言いながらお互いの折り合いがつかず
先延ばしになっていたのですが、今回やっと実現。
あいにくお天気がパッとせず、朝から小雨がぱらつくお天気だったのですが
今日を逃すとまたいつになるかわからなかったので決行。
このお友達家族のお気に入りの場所だそうで
緑の芝生がとっても気持ちのよいお庭でのランチです。

この日はお天気が今一だったせいか、私たちの他にお客さんはいなく
貸し切り状態でした。

Dsc_0908

このお庭、トルテッリで有名なGIORGIONEというレストランの持ち庭
なのですが、レストランからは離れているためレストランからテイクアウェイ
形式で食べ物を買ってきてこのお庭で自由に食べて良いというシステム。
子供連れには最適です。
ここムジェッロ地方のトルテッリは中にポテトの詰め物をした物で
ムジェッロと言えばトルテッリ、というほど有名です。
そのムジェッロ地方でも名の知れているここのレストラン。
お持ち帰り用のトルテッリでしたが、おいしかった!
Dsc_0881

私は詰め物をしたタイプのパスタは普段あまり好きではないのですが、
中のポテトのフィリングもしっかり味がついていて、ふわふわのパスタは
お母さんの手作り、といった感じでとってもおいしくいただけました。
子供達も多くなお口を開けてパクパク!

Dsc_0882 Dsc_0885

お食事の後はお庭を走り回って遊びました。

Dsc_0865 Dsc_0879

Dsc_0913 Dsc_0920_2

Dsc_0874_2

Dsc_0867

お友達のソフィアちゃんとサラ、この二人会うといっつもおもちゃの
取り合いっこをしたりなのですが結構気が合うようで
なんやかんや二人で仲良く遊んでいるんですよね。
サラは2日も前から「マンマ、明日ソフィーとご飯する?」
「マンマ、ソフィーいつ来るの?」と一日中私に聞いてきていました。
会えるのがとっても楽しみだったみたい。
今日は大好きなソフィーとも遊べるし、バッボもいっしょだし
サラにとっては最高の日だったようですよ。

Dsc_0917


夕方からはお隣のおじさん、ジーノのお誕生日パーティにご招待されました。
ジーノおじさん、60歳のバースデイ。

Dscf4423
こちらがジーノおじさん

なんと総勢70名の招待客で、結婚式?と思わせるほどの盛大なパーティ。
お料理もたくさん、DJ付きで音楽がかかりすごい盛り上がりでした。

Dsc_0925

Dscf4416

Dscf4418

私たちも新しい隣人ということで皆に紹介されましたよ。
私は人付き合いがあまり得意なほうではないので、こういう機会があって
ご近所の方とお近づきになれて良かった。
サラもお隣の7歳の女の子、アジアちゃんと仲良くなり
彼女にくっつきっぱなし。

Dscf4431_2

食事の後は音楽をガンガン鳴らし、ダンスパーティ!
じじ、ばばばっかりですが。

Dscf4438_2

Dscf4441_2
なぜかサラ、このじじばばのダンスに魅了されたようで、一人でここに
座りじーっと見つめていました。しばらくの間ここから動こうとしなかったんですよ。

夕方5時から始まって、夜中12時まで! 楽しい夕べでした。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

週末のおでかけ

この週末は月曜が祝日で3連休でした。
本当は家のことでやることがあったのですが、とある事情によりできなくなり
予定がなくなってしまったので、お隣町でやっている
「FESTA MEDIOEVALE 中世のお祭り」へ行くことにしました。
ランチを兼ねてのんびりと午後を過ごす予定でお昼前に家を出たのですが
着いてみると人影は全く見られずシーンと静まり返った町中。
聞くとお祭りは夕方から始まるとのことでした。
せっかく出てきたので、とりあえず近くのトラットリアで
ゆっくりとランチをすることに。
このトラットリア、見た目は何の変哲もないどこにでもありそうなトラッタリア
ですがこれが大当たり。
私は「FAGOTTINI AI PORRI E FONDUTA(西洋ポロネギとチーズソースの
ファゴッティーノ)」を注文したのですが、とーってもとーってもおいしかった!

ファゴッティーノはニョッキのようなパスタの中に
ポロネギの詰め物がしてあるもの。
Dsc_0797
手打ちでもちもちっとした食感が何ともいえず、しばらくこんなにおいしいもの
に出会っていなかったな〜、と思えるほど、ちょっと感動してしまいました。
ジャンニもかなり気に入った様子でした。
内装がちょっと今一なのですが、また来たいな。
Dsc_0790
Dsc_0817
Dsc_0819

このトラットリアでかなりのんびりとランチをして過ごしましたが、まだお祭り開始まで時間があったので一旦お家に戻ってお昼寝をしてから再出発。
このお祭りをやっている隣町へは車で5分なんです。

Dsc_0824 Dsc_0841 Dsc_0842
Dsc_0830 Dsc_0838 Dsc_0844
お祭り自体はあまり催し物もなく、「中世風」の衣装を来た人達が
手作りの物や食べ物を売る屋台が並んでいるだけでちょっと期待はずれ。
もう少し、町自体が中世の面影を残す可愛らしいところだったら
それなりにもっと雰囲気が出たのでしょうが、それもなく。。。
でもうちの愛娘サラは家族一緒に一日お外で過ごせたことが
何より嬉しかったようで、終始ご満悦でした。
Dsc_0849

しばらくの間どこへも連れて行ってあげていなかったもんね。
バッボもマンマもサラと一緒にゆっくり過ごせて楽しかったよ。
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »