« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月24日 (水)

おめでとう!!

ここ数日、今か今かと心待ちにしていた
日本からの電話が今朝かかってきました。
私の初めての甥、サラのいとこが誕生しました!!
私の弟夫婦の赤ちゃんです。
2840gの元気な男の子。
帝王切開になったそうですが、母子ともに健康という知らせを受けて
本当に本当に嬉しかったぁ。
お母さん、よく頑張ったね。お疲れさま。
退院してからは体力、気力ともにハードな毎日が待っていると思うので
病院にいる間に十分に休養をとって、体力を回復させてね。
これから大変な日々が続くだろうけれど、二人で力を合わせてがんばって。
子育ては大変だけれどその100倍も1000倍も楽しいことが待っていますよ。
本当におめでとう。
お正月に会えるのを楽しみにしています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

手作り

急に冷え込んできました。
外はとーっても冷たい風が吹いていて、この土日は外出できなさそうです。

Dsc_0026

久しぶりに編み物を始めました。
あと一週間で誕生予定の私の初めての甥のために、何か作ってあげたいなと思い
空いた時間に少しずつ編んでいます。
サラがお腹にいる時にサラにセーターやカーディガンなどをいくつか編んだきり
しばらくしていなかったので、編み目が揃っていなかったりですが。。。
実は私の一番の趣味は手作り。編み物や洋裁は小学生低学年の頃から
やっているのでかれこれ30年近くになります。
その昔は自分でデザインを考えて、採寸して、パターンを起こして
コートやワンピースを縫ったり、セーターやカーディガンを編んだりと
かなり手の込んだことをしたものでした。
自分の子供が生まれたらあんなものを作ってあげよう
こんなものを編んであげようと思い描いていたのですが
実際生まれてからは怒濤の毎日。
自分が寝る暇もない状態でとても手作りなんて、といった日々でした。
最近ようやく気持ち的にも少しだけゆとりが持てるようになり
来週からサラもチェントロ・ジョーコに行ってくれるし
少しずつ、趣味のことも始めたいな。
私が一番リラックスできる時間でもあるので。
考えてみれば、ホビーって時間にも気持ちにも
ゆとりがないとできないことですよね。
そう考えると、趣味を持つって贅沢なことなんですね。

あー、甥の誕生が本当に待ちどうしい!
どうか母子ともに元気な出産でありますように。
お正月に会えるのを楽しみにしています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

すっかり秋ですね

今回のインフルエンザはかなり悪質でしつこいようです。
いまだに咳がひどく、肋骨の辺りが筋肉痛になってしまいました。。。
サラとジャンニはかなり良くなったようですが
まだ二人とも時々お腹を下しています。

フィレンツェは「すっかり秋」です。
ここ数日とても気持ちのよいお天気の日が続いていますが
キリッと冷たく乾いた空気が流れていて、朝晩はかなり冷え込み
喉の痛い私はマフラーをして外に出ています。
明日からもっと冷え込むそうです。
コートも出さなくては。

寒くなってくると我が家ではプリモピアットに
スープが出てくる回数がぐっと増えます。
私、スープ系が大好きなんです。
お野菜もたくさん取れるし、冷蔵庫にあるものを何でも入れちゃって
栄養たっぷりの温かいスープは寒い時には欠かせません。

Dsc_0004_2

今日のスープは「ポロネギとひよこ豆のスープ」
ポロネギをたくさん切ってひよこ豆と一緒にグツグツ煮て
煮え上がったら半分をミキサーにかけてピュレ状にしお鍋に戻すだけ。
ブイヨンも何も入れません。
サラもジャンニも大好きで二人ともとっても喜んでくれました。
昔は煮込みものを作る時は必ずと言っていいほど固形ブイヨンなどを
入れていたのですが、最近はこの手のものを一切使わなくなりました。
まず保存料などが入っているのが気になるのと、使わなくなると素材の旨味
に敏感になり野菜などの素材の本来の味を隠してしまうような気がして。
新鮮な野菜とおいしいお水とおいしいお塩があれば何でもおいしくできます。
お塩は日本のお友達に勧められてからずっとフランスの
「ゲランド」の粗塩を使っていました。
とってもまろやかなお塩でスープにはぴったり。
ミネラルも豊富に含まれているので健康にも良いし
とても気に入っていたのですが、このお塩がなくなってしまい
この辺では入手できない。。。としょげていたら
お友達のマイちゃんのご近所さんがフランス旅行のお土産で
マイちゃんにおいしいお塩をプレゼントしてくれたそうで
マイちゃんがお裾分けしてくれました。
銘柄はわからないのですが、こちらも良い感じ、しばらくは楽しめそうです。
明日は何のスープにしようかしら。

*******************************************

秋の狩猟が解禁になり週末はいつも狩人のライフルの音で
起こされるようになりました。
我が家の周り、大家さんの敷地内(本当は私有地なので
入ってはいけないはずなのですが)でもキジや野うさぎがいるので
かなり近いところで発砲する音が聞こえてきます。
おとといの日曜日は夕方外から帰ってくると
玄関先に可愛い野うさぎを発見しました。
狩人から追われてこんなところまで来てしまったのかしら。
なんだか可愛そう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

記念日

先週の話になりますが
10月5日木曜日、ジャンニが大きな花束を抱えて仕事から帰ってきました。
「どうしたの?」と聞くと「今日で僕たちつきあってちょうど10年だよ」
と私にプレゼントしてくれたのです。
カードには「Nonostante tutto continuo ad amarti.
Tanti auguri amore. Il tuo Gianni」と書かれていました。
日本語に訳すとちょっと恥ずかしいので、あえて訳はつけません(笑)

そういえば数年前、まだ結婚する前に「ぼく達つき合って何年かな」
という話になり「◯◯年の秋から一緒にいるから今
(その話をした時が秋だったので)ちょうど◯◯年ね」
「特にこの日から一緒にいるっていう日にちはないから
じゃあ今日10月5日を僕たちの記念日にしよう」と決めたのでした。
でも毎年その日のちょっと前や過ぎてから何となくどちらかが思い出し
そういえばもう5年ね、8年ね、という感じで話すだけでした。
結婚をして、サラが生まれて、怒濤のように過ぎていく毎日。
最近ではジャンニに対して「夫婦」という関係も通り越して
「家族」になってしまったような気がします。
もちろん「家族」であることに間違いはないのですが
ロマンティックのかけらもない毎日。
それでも、そこはさすがにイタリア人。
ジャンニは毎日欠かさず おはよう、いってきます、ただいま、いただきます
ごちそうさま のキスは忘れず、小さいながらも愛情表現を続けてくれます。
私はといえば、サラにつきっきりで夫をあまり構ってあげていないことに反省。

Dsc_1227

今日の花束は大輪の百合の花束で、私のあまり好きな花ではないのですが
(彼はこの10年間私の好みを一度たりとも当てたことがありません 涙)
素直な気持ちを伝えてくれた素敵な夫に感謝です。
誰でも「感謝してるよ、愛しているよ」と言われるのは嬉しいですものね。
私も夫への感謝の気持ちを忘れずに、そしてその気持ちを素直に相手に
伝えていきたいなと思いました。

Dsc_1236

それにしても、相変わらずイタリアの花屋さんってセンスないですね。。。





| | コメント (6) | トラックバック (0)

続 インフルエンザ

家族全員で風邪ひきです。
先週の私のインフルエンザから始まり
一時は皆回復したかと思っていたのですが
金曜の夜からサラが熱を出し、ジャンニもまたダウン、
私も喉の痛みと二人の看病でぐったりと疲れてしまい
この週末はずっと3人で寝ていました。
金曜の午後、マイちゃん宅へ遊びに行った帰りの車の中で
疲れて眠ってしまったサラ。家に着いて一時は目を覚ましたのですが
すぐに「ねんね ねんね」とベッドへ行きたがったので仕方なく寝させました。
結局その日は夕飯も食べないまま次の日の朝までぐっすり。
朝起きるとちょっと熱っぽかったし、こんなに寝るなんてなんかおかしいな
と思ったのですが、本人はケロッとしていて元気そのものだったので
3人でショッピングにフィレンツェまで出かけました。
ただ気になったのが、夜中顔にポツポツと虫さされのようなできものと
少し顔が腫れていたこと。
でも午前中で消えたのでやはり寝ている間に何か虫に刺されたのだろうと
思っていたのですが、夕方家に帰って昼寝をさせるとまたポツポツが。
そして一気に熱が上がっていました。39℃くらい。
本人もさすがに辛くなったようでグッタリしていたので熱冷ましの座薬を
入れてあげようとズボンを脱がせてビックリ。
足がただれたようにブツブツだらけになっていたのです。
ジャンニに言ってすぐにmeyerという小児救急病院に連れて行くことに。
病院、先生が大大大嫌いなサラ。(好きな子供はあまりいないと思いますが)
着くなり大泣きで、先生の顔を見るとのけぞって大泣き。
嘔吐も繰り返し、ぐったりで本当にかわいそうだったサラ。
先生のお話では、ブツブツは何か体が受け付けたくない物を
食べたせいでしょうとのこと。普段大丈夫な物でも
熱があって体が弱っている時は過敏に反応することがあるそうです。
もともとアトピー性アレルギーを持っているサラは
反応しやすかったみたいです。
熱は単に喉が腫れて赤くなっている風邪だから心配いりませんと
言われてホッとして帰ってきたのでした。
熱はそれからすぐに下がったのですが、喉がかなり痛いようで
ご飯もあまり食べることができず喉を指差して
「いたい いたい」と言っています。
夜も喉の痛みで目が覚めるようで、夜中に何度も泣きながら起きて
私も寝不足。
結局ジャンニもその日からひどい喉の痛みと頭痛、鼻水でグッタリ
と、家族中で辛い思いをしています。
サラは今まで約2年弱熱を出したのは1度きり
風邪らしいものは引いたことがなかったのですが
そろそろ私のおっぱいの効力も大分弱ってきたかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月 4日 (木)

インフルエンザ・嬉しい知らせ

家族全員でインフルエンザにかかってしまいました。
日曜の夜に私が突然下痢と吐き気に襲われて苦しみ始めてから
ジャンニ、サラも少し、そして義母は昨日同じ症状で入院してしまいました。
かなり強力なウィルスのようです。
私は日曜の夜は下痢と嘔吐で一睡もできず、朝の6時までトイレに
こもりっぱなしでした。その後発熱、寒さでガクガクと震えるほどに。
幸い熱はすぐに下がったのですが
下痢と腹痛、胃痛は今日もまだ続いています。
ジャンニも全く同じ症状でしたが
サラは未だに飲んでいるおっぱいのおかげでしょうね
一日に一度「マンマお腹いたーい」といってお腹を下す以外は至って元気です。

今日は嬉しいお知らせがありました。
朝市役所から電話があり「Centro Gioco チェントロ・ジョーコ
で空きが出たのでサラちゃん入れますよ、というお知らせでした。
このCentro Giocoとはプレ幼稚園のようなもので
午前中のみ、1週間のうちはじめに希望した日数だけ通える園です。
特にサラを預ける必要はないのですが、子供同士だけで遊べる時間も
作ってあげれると良いなと思い、今年の5月に市に入園の申請を
していたのですが、残念ながら9月に新学期が始まった時点では枠がなく
順番待ちのようになっていたのです。
サラの前に7名の子供が待っていたので、多分今年は無理だろうなと
思っていたのですが、保育園に行った子や辞退した子がいたのでしょうね。
サラと離れるのはちょっと寂しいような気もしますが、ママと離れるのも
サラにとって良いお勉強になるでしょうし、私も少し自分のことができるように
なれば気持ちにゆとりも出て、サラにももっと良い状態で接することが
できるのではと思っています。
それにやっぱり子供は子供同士で遊ぶのが一番ですよね。

***********************************************

サラ 今日でちょうど21ヶ月になりました。
あと3ヶ月でもう2歳。
出産した時のことは今でもハッキリと覚えていますが
あれからもう21ヶ月も経ったのですね。
本当に成長したな。
最近は日単位で新しい発見があり、いろいろなことをすごいスピードで
覚えていてビックリさせられる毎日です。
サラの毎日の成長ぶりが私たち夫婦にとっての一番の楽しみ。
たくさんの幸せをもらっています。
でもあんまり早く大きくならないでね!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »