« サラの成長2 | トップページ | 我が家のオリーブ »

2007年9月24日 (月)

VENDEMMIA

Dscf3947

今日はお客様をお連れして、キャンティ地方のワイナリーへ
ワインテイスティングのコースに行ってきました。

訪れたのはグレーベ・イン・キャンティというところにある
「CASTELLO DI VERRAZANO」というワイナリー。
この地方では有名なワイナリーで、我が家でもよくお歳暮などで
ここのワインセットをいただくことが多く、名の知れたワイナリーです。

ワイナリーに着くと、ちょうど今日から「VENDEMMIA ヴェンデンミア
といわれるぶどうの収穫が始まったとのこと。
収穫風景は見れませんでしたが、収穫してきたぶどうを摘んだトラクターが
行き来するところ、そのトラクターからぶどうが降ろされるところ
を見ることができました。
辺りはぶどうの甘くて、ちょっと発酵されたような何とも言えぬ
良い香りでいっぱいでした。

Dscf3937_2

Dscf3939_4 Dscf3941_2

約束の11時少し前に着くと、11時から始まるワイナリー見学+テイスティング
+ランチのコースに参加する人たちが既にたくさん集まっていて大にぎわい。
ほとんどアメリカ人ばかりで、なんと私たちの参加したグループは
総勢60名でした!
ワイナリー見学はガイドのジーノおじさんのとても楽しく、そして詩的な説明で
このお城のすばらしさ、ワインのすばらしさがおもしろおかしく語られました。
残念ながら英語でのガイドだったので私は100%はわからなかったのですが
ジーノおじさんが何度も言っていた「ワインは人生だ! 人生はワインだ!」
「ワインはそれだけでは何の意味も持たない。
ワインだけではおいしくないし、ワインを楽しむには
おいしい料理がなくてはならないんだ。
そしてそれらをおいしくいただくには楽しい仲間がいなくてはならない。
それらが全て揃って楽しい食事というものが成り立つんだよ。
そして楽しい食事は人生において不可欠なものなんだ!」
とういう言葉が印象的でした。
とってもロマンティックなジーノおじさん。
身振り手振りのオーバーアクションで熱く語ってくれました。

Dscf3944 
Dscf3958
Dscf3953_2 Dscf3963

ワイナー見学の後はテイスティングをしながらのお食事です。
3種類のワインが出てきて、テイスティングの仕方などの
レクチャーを受けるのですが、もう皆既にお腹がペコペコ状態で
「早く飲みたーい!早く食べたーい!」といった感じ。
テイスティングもほどほどに、皆で「SALUTE サルーテ
と乾杯をしてランチの始まりです。
出てきたのは「トスカーナのサラミ、生ハムの盛り合わせ」
「トマトソースのペンネ」「豚の丸焼き」と私にはちょっと物足りない
典型的なトスカーナのトラットリア料理でしたが
大人数でのにぎやかなランチは楽しいものでした。
アメリア人ってイタリア人以上にフレンドリーでユニークですね。

お天気にも恵まれ、すばらしい秋空のトスカーナの
ぶどう畑の風景を見ることができ、とても気持ちの良い一日でした。
もうフィレンツェに住み始めて10年以上になりますが、季節ごとに変わる
ここトスカーナの田園風景は毎年飽きることなく私を楽しませてくれます。

最近はすっかりビール派の私ですが、今夜はジーノおじさんの言葉を
思い出しながらワインでもいただいてみようかしら。

Dscf3942
Dscf3945
Dscf3949

********************************************
いつもお仕事の時はサラをノンナ(義母)に預けていくのですが
一ヶ月ほど前からシチリアへ行っていて留守のため
昨日今日でバッボにお願いすることに。
昨日は日曜日だったので良かったのですが、今日はバッボはさすがに
一日中サラを見ることはできないということで
午後からはいつも仲良くしてもらっている友人のマイちゃんにお願いしました。
ノンナ、バッボ以外の人のところに預かってもらうのはこれが初めて。
大丈夫かな、泣かないかな、とちょっと不安だったのですが
大好きなサラのボーイフレンドのケンちゃんと一緒に
ずっと仲良く遊んでいたそうです。
子供って親の前だと甘えたりわがままになったりするけれど
それができないとわかるとちゃんといい子にしているものなんだよね
と後でマイちゃんと話したのですが
本当にその通りですね。甘えられる相手がいるから甘えるのです。
こうやって親がいない時間を時々作ってあげるのも良いのかもしれませんね。
きっと今日一日でまたぐっと成長したのでは?
でも私はいつもサラにとって「甘えられる人」(甘やかしてくれる人という意味
ではなく、しっかり受け止めて安心できる人)であり続けたいなと思います。

|

« サラの成長2 | トップページ | 我が家のオリーブ »

おでかけ」カテゴリの記事

お仕事」カテゴリの記事

サラのこと」カテゴリの記事

コメント

今週からサンジョヴェーゼも本格的にヴェンデンミアって感じですね~。ヴィンサント用のマルヴァジアも綺麗に干してありますね。
ヴェッラッツァーノ、日本から友達が来ると時々送り込むのですが、若干お高めでもしっかりとガイドしてくれるので安心です。お城も綺麗だし。
ジーノおじさんのセリフ、いかにもイタリアの人って感じ!

でも私も食の仕事をしている関係で、いろんな職人さんに会う機会が多いのですが、ほんと、美味しいものを一緒に楽しめる人たちがいるのって大事ですよね。だからこそ、作り手も楽しんでくれる人のために、一つ一つ丁寧に心をこめて形にしていくんですよね。

さて、サラちゃんお留守番えらかったですね!
でも本当に子供って親が思っている以上に適応能力が高いんだと思うな。確かに甘えられる状況だとついつい甘えるんだろうけど、自然と自分の立場をわきまえて、おりこうさんに出来るんですよね。

日本で仕事をしていた頃はママさんの同僚も多かったけど、彼女たちも保育園に預けることで子供の社会への適応性も優れているし、自立してくれるのが早いのよって言ってたな~。親の立場としても子供と離れて自分のちょっとした時間を持つことで優しく接することが出来るからちょうどいいのだとか。。

私は育児の経験はないけど、なんとなく分かるような気がします。momoさんもこうやってお仕事を続けることで、サラちゃんとめりはりのある素敵な生活が築けそうですねっ。

お家の改装、本格的に始まるんですね~。丘陵地のほうかしら?そのうちお目にかかれるのを楽しみにしてますね~。
こちらこそ宜しくね!

投稿: Aya | 2007年9月26日 (水) 10時24分

こんにちは!
このワイナリー、昔フィレンツェの語学学校に通っていた時に、課外活動で行った所かも!といっても覚えていることはテイスティングしたことと帰りのバスのことだけなんだけど(笑)

小さい子供がいて働くって大変ですよね。うちもそろそろと思っているのですが、仕事との両立が心配です…うちには預かってくれる親戚もいないし…犬は今のところ主人が職場に連れて行っているけどまさか子供同伴ではいけないしね(笑)

投稿: Riccia | 2007年9月28日 (金) 14時43分

お疲れ様。サラちゃんも頑張ったね。少しずつこうしてパパとママ以外の人と過ごすことに慣れてくれると良いよね。うんうん、仕事と子育ての両立って大変ですよね。子供との我慢比べと言うか(笑)。どっちが大事かって天秤にかけたら、断然子供なんだけれど、そればっかりは言っていられない時もあるし・・・。がんばれっ!

投稿: chiho | 2007年9月29日 (土) 19時05分

*****Ayaさん*****
私はワインのことについて全く知識も何もないのですが
こんなレクチャーもたまには良いですね。
皆さん情熱を持って造っているんだなというのが伝わりました。
Ayaサンのおっしゃる通り、イタリアは食に対して愛のある人が多いですよね。
グローバルで何でも手に入る日本は便利で良いですが、自分の土地を愛して
その土地でできる自然の恵みを大切に守る人たち、その恵みを愛情をもって
楽しく食す人たちのいるイタリアは変わってほしくないなと思います。

今回のお留守番は、私のための訓練だったようです(笑)

投稿: momo | 2007年10月 1日 (月) 01時32分

*****Ricciaさん*****
Ricciaさんもフィレンツェに住んでらしたんですね!
いつ頃かしら、もしかしてどこかでお会いしてるかもしれませんね。

そうですか、Ricciaさんもお子さん考えてらっしゃるんですね。
結婚と同じで考えちゃうと作れなくなっちゃいますよ(笑)
後は何とかなれ!です。
いつか素敵なnotiziaが聞けますように。

投稿: momo | 2007年10月 1日 (月) 01時38分

*****Chihoちゃん*****
そうなのです。
本当はずっとサラといたいけど、そうは言っていられない。
今回はサラよりも私とジャンニのための訓練だったようです。
子供の適応能力ってすごいですね。
これから少しずつこういう機会を増やして
私も自分の時間が持てるようにしたいなと思ってます。

投稿: momo | 2007年10月 1日 (月) 01時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423440/8110358

この記事へのトラックバック一覧です: VENDEMMIA:

« サラの成長2 | トップページ | 我が家のオリーブ »